読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

A LIFE~愛しき人~ 7話を観た感想です

ドラマ A LIFE~愛しき人~ 感想

f:id:momotaeimi:20170217003544j:plain

A LIFE 愛しき人の第7話見ましたよ。毎回ドラマにありがちな次の回も見なくちゃ!と思わせる予告でしたね。特にキムタクが好きなわけではないのですが、キムタクが出演するドラマはたいていヒットしているのと、キムタクと竹内結子のペアリングということもあり、何となく毎回見てます。

今回、友情出演で財前直見が出てましたよね。髪形がショートのせいか、久々に見たからなのかすっごくふけた感じがして、ドラマの展開よりも財前直見の顔に見入っちゃいました。きれいな女優さんでも年には勝てないもんですね。それでもきれいはきれいなんですけど。

ドラマの展開が何となくワンパターンな気がして少し飽きてきた感があります。カズ(キムタク)が深冬(竹内結子)の脳腫瘍の治療法を探している中、新たな患者が現れて事件が起こる。その合間に、壮大(浅野忠信)と榊原実梨(菜々緒)の不倫シーンや井川先生(松山ケンイチ)と柴田由紀(木村文乃)のからみなど。毎回だいたい同じ展開なので、安心するようながっかりするような複雑な感じですね。

どうしても解せないのが、壮大と榊原の恋愛関係です。壮大が榊原に対してただの不倫相手であり愛情がないとうのはわかりましたが、なんで深冬という本当に愛している存在がありながら不倫に走ってしまったのか。ただの火遊びか院長へのあてつけか。イマイチよくわかりません。それとどうしても壮大の髪型(前髪)が気持ち悪くて。特徴づけのためのスタイルであれば大失敗ですね。

それにしても院長の榎本明はさすが大物俳優ですね。出てきただけで貫禄があります。昔、医療ドラマで「白い巨塔」が大ヒットしましたよね。それを思い出しました。白い巨塔は、恋愛よりも医局のドロドロした人間関係を強くアピールしたドラマでかなり衝撃的なドラマでしたが、A LIFEはそんなドロドロ感を少し見せつつも、不倫ありメインキャストの重大な病気ありでどこにポイントを持っていきたいのか、時々わからなくなるのですが、榎本明が出ていることで存在感を示しドラマが成り立っている気がします。もし、彼がいなければただの普通の医療&恋愛ドラマになってしまったでしょう。

A LIFEは当初の視聴率予想よりかなり下がっているみたいですね。キムタクがSMAP解散後の初の主演ドラマということで、注目されていましたがその期待には添えなかったようで。視聴者としても複雑な心境なのですかね。決してつまらないドラマではないと思いますが、今までキムタクができてたドラマのほうがぐっと心をつかむものがありました。また、医療ドラマということで何となく飽和状態な気がします。医療ドラマと言えば、最近ヒットした私失敗しないのでの名文句で有名な「ドクターX」が記憶に新しいですよね。ああ言った毎回の強くアピールできる名台詞(?)があるとドラマは強いんですかね。A LIFEにはそういうのがないので、良くも悪くも印象に残らないのかなぁとも思います。

今回の話で、乳がんになった14歳の女の子が出てきますが、なかなかの名演技ですよ。演劇界では、きっとゴールデンの時間帯のドラマに出られるだけエリートなんだろうなと思いますが、ドラマの展開を妨げず自然な感じの演技で好感が持てました。脇役の俳優が目立ち過ぎても良くないですからね。

それと、ようやく深冬の脳腫瘍の治療法が見つかるシーン。キムタクの演技は迫真に迫るものあったのですが、目薬使ったのかなぁと思ったほどちょっと現実味がなくもう一歩と思ってしまいました。やっと見つけた治療法、涙は見せずに感動を表す演技にして欲しかったなぁと思うのは私だけでしょうか。

確かに涙をにじませたほうが伝わりやすくはあると思いますが。演劇素人の私が言うのもなんですが。次回予告を見て、次回も見ようと思いました。こうなったら最後まで楽しみに見たいと思います。きっと最後はすがすがしい終わり方になると信じて。

東京タラレバ娘 6話 ネタバレ 感想です 視聴率好調のようですが果たして…?

ネタバレ ドラマ 東京タラレバ娘

f:id:momotaeimi:20170224151211p:plain

皆さん、「東京タラレバ娘」第6話見ましたか?う~んという展開だなぁと思いました。第5話でいきなり急展開で輪子に新しい彼氏ができて、今時そんな展開あるのか?と思わずちゃぶ台をひっくり返したくなりましたが。例えが古くてすみません。その後どんな展開になるのか第6話を楽しみにしていたのですが、やはり急展開には落ちがつきものということですね。

そんな上手くいかないですよねー

まず、スーパーでそんな出会いがあるのかと前回思ったのですが、そんな出会いはドラマの展開上きっとずっとは続かないんだろうなと思っていたら、その通りの落ちでしたね。彼氏の奥田がかっこよすぎるし、そんな人現実的にいるのかな~とどうも共感できず。あり得ないですが、もし本当に身近にあんな彼氏がいたら私なら少々の疲れは何とかこなしちゃうだろうなと私的には思っちゃいました。

それにしても、3Bって初めて聞きました。普通に使っている言葉なんでしょうか。私の知ってるのでは、いわゆる3高(高学歴、高身長、高収入)とかありましたけど、3Bなんて言葉も今はあるんですね。設定が30代なので少々ジェネレーションギャップを感じています。なら見なきゃいいんですけどね。

香が結婚願望が一番強いようで、結婚相談所に登録するという思い切った行動をしていましたが、30歳でいまどきそこまで結婚に対して切迫感あるのかなぁと少し違和感を持ちました。確かに、私の時代も30歳までには何とか結婚!なんて思っていましたが、周りを見れば結婚していない友達だらけで。今はもっとその傾向が加速している気がします。まぁ、あくまでもマンガやドラマの中の話なので、現実とマッチしていない部分はあるということですかね。

ドラマでありがちな「偶然」は萎える

毎回思っていますが、第6話でも偶然倫子とKEYがばったり会うシーンがありましたが、いくらうちが近所でもそんなに偶然会うってことあるのかなぁとこれまたツッコミを入れたくなりました。やはり、現実の世界ではあり得ないかと。偶然が何度も重なるとよくそれは必然だ!なんて言われますが、そんな偶然あったらそれこそ出会いですよね。そんな出会いあったらうらやましいです。

タラレバ娘を見ていて現実には起こり得ない展開が多いのですが、だからこそ毎回見ちゃうのかもしれません。そんなのないだろう!ってツッコミ入れつつも、非現実な世界だからこそ魅力的に感じてしまうのかもしれませんね。もし私が登場人物の設定と同じ30代だったら、逆にこのドラマは見ないかもしれません。だって、本当にそんなことあり得ない!ってイラついちゃいそうなので。40代だからこそ、ちょっと卓越した見方ができるのではないかと。

最後に、倫子が奥田との別れを決めたシーンで、恋はするものじゃなくて落ちるものって言ってましたが、そんなラッキーな恋愛って世の中にどれだけあるのでしょう。20代くらいまではあるかもしれません。でも、30代過ぎてそんな恋愛あるのかなぁって。少なくとも私にはありませんでしたね。って、その前に結婚していましたが。

なんだかんだ言いつつも、第7話も楽しみに見てしまうと思います。原作のマンガを読んでいないので、マンガとの違和感はありませんが、マンガを読んでいる人にとっては配役の俳優に対してや、 登場人物の感じがだいぶマンガのイメージと違うようですね。そういった意味では原作を読んでいないほうが先入観なく見られていいのかもと思いました。

A LIFE~愛しき人~ 6話を観た感想です

ドラマ A LIFE~愛しき人~ 感想

f:id:momotaeimi:20170217003544j:plain

はい、乗りかかった船的な何かで「A LIFE~愛しき人~」の6話感想を語ります。そろそろ中盤に差し掛かってきた頃でしょうか。あっ、皆様の期待はそんな御託じゃなくて木村拓哉の活躍でしたね。しかし残念!今回に至っては「キムタク・・・?あぁいたね、うん」程度の存在でした!どういうことだおらぁっ、木村拓哉のドラマじゃねーのかって?まぁまぁ落ち着いて先読みましょ?

その人が患者ですか、そうですか

f:id:momotaeimi:20170207022424p:plain

今回の例の患者はおっさんでした!しかもただのおっさんじゃなくて榊原実利(菜々緒)の父親でした!・・・えぇ、皆さんが画面の前で「ふーん、あっそ」と鼻をほじってる姿が目に浮かびます。えぇ気持ちは痛くわかりますけど、わたしもそんな感じでしたから!まぁでも落ち着いて続き読みましょ?ね?

颯爽とオペする気満々の木村拓哉に実利が「いや、マツケン(井川先生)以外ノーセンキューだから」という言葉を受けてしまいます。ちょ、待てよ」という言葉も出ず、絶句してしまう木村拓哉。おそらくきっとぐぬぬ・・となっていたでしょう。そしてこれを見ていた木村拓哉のファンも同様だったことでしょう。心中お察しします。

マツケンはそんな場の空気も読まず「やります!」と言ってしまいます。周りは出来ねーだろ、キムタクにやらせろと意見が殺到しますが、マツケンと菜々緒の強情ぶりに折れざるを得ないキムタクとその周り。私も木村拓哉のドラマやぞ!と叫びたくなりました。 が、その後恋人の激励とオペ中の木村拓哉の「お前の患者だろ!」という熱い激を受けて、ちゃんとマツケンはオペを成功させたので許してやる事にしました! でも今回だけだぞ!

さて、今回はマツケンの出来ない出来ない・・・メソメソからの木村拓哉の「お前の患者だろ!」で完全武装大勝利という話の流れで、最終的には木村拓哉やっぱかっけーという話でしたが、でもやっぱり患者のオペ関係の話では木村拓哉の影は薄く、うーんという感じでした。

カッコいいことはカッコいいが・・・

f:id:momotaeimi:20170217003958p:plain

今回木村拓哉が主に輝いたのは最後10分!えぇ深冬(竹内結子)関係です! もういいよ・・・ってなってるみなさん!心中お察ししますが、これが「A LIFE~愛しき人~」の本筋なので仕方ないですね・・・。 私も正直この要素はそんないらないし、昼ドラ展開は昼にしろよとは思いますけどもね。 でも木村拓哉が輝いてるのも事実なので!

序盤、深冬の脳の腫瘍が5ミリまで大きくなってることを告げる木村拓哉。混乱する 深冬は最後にこのままだと寿命どれぐらい?とずばっと木村拓哉に聞きます。 思慮深い木村拓哉は「そんなの当てにならない」と前置きしつつ「4、5カ月ぐらい」と答えます。深冬はそれでヒステリックに喚きます。まぁ仕方ないけどね。 輝くのはその時。「どうせダメなんでしょ!」と叫ぶ深冬に「俺が絶対なんとかするから!」(意訳)と元カノをがばっと抱きます。

さすが木村拓哉、略してさすキムと言いたくなるほどのカッコよさでした!でもそれを見てしまう夫(壇上壮大)のシーンを見て「ドロドロだなぁ」と心中複雑になってしまいました。来週はこれがさらに展開していくようですが、どうなっていくのでしょうか。 と、いいながら、やっぱりどうでもいいや、この要素は、と思った私でしたとさ!