読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

A LIFE~愛しき人~ 第5話を観た感想です(ネタバレ注意)

ドラマ A LIFE~愛しき人~ 感想

f:id:momotaeimi:20170217003544j:plain

木村拓哉主演のTBSドラマ「A LIFE~愛しき人~」第5話を見ました。一応このドラマも見ているので、たまには感想を。ネタバレしていますので、未見の方は要注意です。第1話から全部見ていますが、いつもの木村拓哉さんの主演のドラマのように魅力を感じないのが残念です。昨年のスマップ解散の騒動があったので、いつにも増してキムタクのドラマを期待していました。

不倫的要素が中途半端すぎる

f:id:momotaeimi:20170217003958p:plain

今回は腕利きの外科医ということで、外国帰りのお医者様ですが、沖田(木村拓哉)にはそういったアメリカで修業を積んできた外科医の雰囲気が感じられません。むしろ脇役の羽村圭吾(及川光博)のほうが、そういった外国帰りのような雰囲気を感じます。院長壇上虎之介(柄本明)の娘で、かつての恋人である壇上深冬(竹内結子)とは、ほんとうに恋人同士だったのかと思うくらいに、あっさりとした感じがします。

もっとドロドロした感じがあるのが本当ではないかと感じて、かえって白けます。それに引き換え、副院長の壇上壮大(浅野忠信)は、さまざまな葛藤を抱えている人間の雰囲気がよく出ていると思います。お金持ちの息子で外科医の井川颯太(松山ケンイチ)も、いかにもボンボンな感じが出ていてぴったりな配役。

突然倒れた深冬、夫である壮大は駆けつけるが、沖田と頭部の腫瘍の手術について話し合うが二人とも答えが出ない。医師と看護婦の食事会のシーンは、さすが医者たちの集まりという感じでゴージャス。それにしても深冬は脳に腫瘍があることが分かってからも手術に立ったり、本人だけでなく患者にとっても突然何かが起こる可能性があり危険ではないかと素人でも思ってしまう。

「ドラマの嘘」はあるにしてもねえ

f:id:momotaeimi:20170207022424p:plain

オペの途中で沖田が交代するが、こんなことはあり得ない設定で、非常に不自然だと感じました。逆に病気であっても医師は危険なことが起こる可能性があっても勝手なことができるのが常識だとしたら医師の世界は患者にとって恐ろしい。この問題は全く別の「病院の体質を追及する」タイプのドラマでやるべきだと思う。

深冬の病気に気付いた井川の「壮大先生はオペはできないですよね。深冬先生は愛する人だから」という言葉に、自問自答しているように「だから僕が・・・」という沖田の表情が複雑で良かった。壮大と圭吾の尊敬する先輩である山本(武田鉄矢)の執刀したオペについて、問題があり関東医師会の事故対象になっていることを知った羽村。

羽村は山本に提携を持ち掛けた壮大に詰め寄る。山本の失敗したオペの患者を担当し、修正した沖田。職を追われた山本からの伝言電話を聞いて涙ぐむ羽村が良かった。ちょっといろいろな問題を詰め込み過ぎたせいで、今回のドラマは木村拓哉さんの良さが浮き立ってこないのが残念。次週以後の深冬のオペはどうなっていくのか。