読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

A LIFE~愛しき人~ 7話を観た感想です

f:id:momotaeimi:20170217003544j:plain

A LIFE 愛しき人の第7話見ましたよ。毎回ドラマにありがちな次の回も見なくちゃ!と思わせる予告でしたね。特にキムタクが好きなわけではないのですが、キムタクが出演するドラマはたいていヒットしているのと、キムタクと竹内結子のペアリングということもあり、何となく毎回見てます。

今回、友情出演で財前直見が出てましたよね。髪形がショートのせいか、久々に見たからなのかすっごくふけた感じがして、ドラマの展開よりも財前直見の顔に見入っちゃいました。きれいな女優さんでも年には勝てないもんですね。それでもきれいはきれいなんですけど。

ドラマの展開が何となくワンパターンな気がして少し飽きてきた感があります。カズ(キムタク)が深冬(竹内結子)の脳腫瘍の治療法を探している中、新たな患者が現れて事件が起こる。その合間に、壮大(浅野忠信)と榊原実梨(菜々緒)の不倫シーンや井川先生(松山ケンイチ)と柴田由紀(木村文乃)のからみなど。毎回だいたい同じ展開なので、安心するようながっかりするような複雑な感じですね。

どうしても解せないのが、壮大と榊原の恋愛関係です。壮大が榊原に対してただの不倫相手であり愛情がないとうのはわかりましたが、なんで深冬という本当に愛している存在がありながら不倫に走ってしまったのか。ただの火遊びか院長へのあてつけか。イマイチよくわかりません。それとどうしても壮大の髪型(前髪)が気持ち悪くて。特徴づけのためのスタイルであれば大失敗ですね。

それにしても院長の榎本明はさすが大物俳優ですね。出てきただけで貫禄があります。昔、医療ドラマで「白い巨塔」が大ヒットしましたよね。それを思い出しました。白い巨塔は、恋愛よりも医局のドロドロした人間関係を強くアピールしたドラマでかなり衝撃的なドラマでしたが、A LIFEはそんなドロドロ感を少し見せつつも、不倫ありメインキャストの重大な病気ありでどこにポイントを持っていきたいのか、時々わからなくなるのですが、榎本明が出ていることで存在感を示しドラマが成り立っている気がします。もし、彼がいなければただの普通の医療&恋愛ドラマになってしまったでしょう。

A LIFEは当初の視聴率予想よりかなり下がっているみたいですね。キムタクがSMAP解散後の初の主演ドラマということで、注目されていましたがその期待には添えなかったようで。視聴者としても複雑な心境なのですかね。決してつまらないドラマではないと思いますが、今までキムタクができてたドラマのほうがぐっと心をつかむものがありました。また、医療ドラマということで何となく飽和状態な気がします。医療ドラマと言えば、最近ヒットした私失敗しないのでの名文句で有名な「ドクターX」が記憶に新しいですよね。ああ言った毎回の強くアピールできる名台詞(?)があるとドラマは強いんですかね。A LIFEにはそういうのがないので、良くも悪くも印象に残らないのかなぁとも思います。

今回の話で、乳がんになった14歳の女の子が出てきますが、なかなかの名演技ですよ。演劇界では、きっとゴールデンの時間帯のドラマに出られるだけエリートなんだろうなと思いますが、ドラマの展開を妨げず自然な感じの演技で好感が持てました。脇役の俳優が目立ち過ぎても良くないですからね。

それと、ようやく深冬の脳腫瘍の治療法が見つかるシーン。キムタクの演技は迫真に迫るものあったのですが、目薬使ったのかなぁと思ったほどちょっと現実味がなくもう一歩と思ってしまいました。やっと見つけた治療法、涙は見せずに感動を表す演技にして欲しかったなぁと思うのは私だけでしょうか。

確かに涙をにじませたほうが伝わりやすくはあると思いますが。演劇素人の私が言うのもなんですが。次回予告を見て、次回も見ようと思いました。こうなったら最後まで楽しみに見たいと思います。きっと最後はすがすがしい終わり方になると信じて。