読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

嘘の戦争 7話の動画を観た感想です 六車はやっぱりあのキャラのオマージュ?(ネタバレ)

f:id:momotaeimi:20170204223641p:plain

昨日、第8話の感想を書いたので、前後しますが『嘘の戦争』第7話の感想を語ります。と言いたいところですが、正直、第8話の展開が怒涛すぎて、今更第7話のことを語ることもないんですよね(笑)それほど第8話の内容は特濃ソース以上に濃いものでした。しかし、第7話をまったくのスルーというのも寂しいので、少しだけ感想を語ります。

7話は8話への布石回だった(結果的に)

f:id:momotaeimi:20170301151003p:plain

第8話を観てからこそ言えることですが、『嘘の戦争』第7話ははっきり言って第8話への布石の回でしたね。内容のすさまじさは当然、第8話より劣るのですが、こういう地味な種まき回があるからこそ次の展開が光るというものです。晃兄さんを陥れる。二科興三が浩一の正体に気づく。隆が浩一との対決姿勢を打ち出す。六車がついに姿を現す。

こんな感じに、8話へ向けて軽くジャブを打った。そんな印象を持ちました。後付ですけれど(笑)晃兄さんが浩一に見捨てられるシーン。あれはたまたまだと思うんですが、雪がいい感じに降っていて、晃の絶望感が倍増して伝わってきて、とてもよかったと思います。面白いドラマには、店も味方する。と言ったところでしょうか。

あと特筆すべきは、やっぱり、みんな大好き!六車です。神保悟志が演じる六車、やはり只者ではなかったですね。浩一が隆と六車の立ち話を覗きに行った時、柱の陰に隠れてる浩一の気配を感じとりにらむ。たったこれだけのことで、「あ、こいつやばいやつだ」と視聴者にわからせる。見事な演出だと思います。

事務所のごみ箱に仕掛けた浩一の毒ガス攻撃にも引っ掛かることなく、勘か経験かそれともその両方なのか、危険を察知してその場を離れていく。車に仕掛けられた発信機を見逃さず、破壊する。これぞまさしくできる殺し屋の姿。かなりしびれますね。「こんな敵に勝てるわけないじゃん」感が私の大好物です(笑)

そして、お約束な感じでハルカが六車に拉致られます。ハルカ、お前、六車が周辺をうろちょろして危険なことわかってるはずだろう。人気のない公園でブランコで遊んでたらそりゃ拉致られるわ(笑)まあそこは、時間短縮のためのドラマの許される範囲内のご都合主義ということであたたかく見守りましょう。

「嘘の戦争」見逃し動画ここで観ました

↓

フジテレビオンデマンド

やっぱり六車はシガーの系譜?

f:id:momotaeimi:20170301151035p:plain

以前書いた記事で、六車は映画「ノーカントリー」に出てくる殺し屋「シガー」だったらいいな、というようなことを書きました。半分というか、完全に冗談のつもりで書いたんですが、あながち冗談でもない、と証明するような場面がありましたよ!「ノーカントリー」の監督は、コーエン兄弟です。

www.terebidorama.net

そのコーエン兄弟が監督した「ファーゴ」というテレビドラマがあります。( Amazon プライムで見ることができます)この「ファーゴ」には、「ローン」という名の殺し屋が出てきます。あ、ここから「ファーゴ」のネタバレになりますので未見の方は注意してください。「ローン」は完全に「シガー」を踏襲したキャラクターで、やはり完全無欠な殺し屋という役どころです。

f:id:momotaeimi:20170301151110j:plain

ファーゴの最終回で殺し屋ローンがヘナチョコな主人公を殺そうと追い詰めます。主人公は冷酷な殺し屋を相手に罠を仕掛けます。ローンはまんまとその罠に引っかかります。その罠というのが、まさに『嘘の戦争』第8話で六車が引っかかった、クマとかイノシシ用の罠なんですよね。

これ、どう考えてもオマージュじゃないですか。というか、そう思いたい(笑)脚本家の後藤さん、やはりプロですから、ノーカントリーやファーゴくらいは見てると思うんですよね。やっぱり六車はシガーやローンを踏襲した殺し屋キャラだった!という、私の妄想話で今回は締めくくりさせていただきます。って、書いてから気づきましたが、8話の内容にまで踏み込んでましたね、すいません(笑「嘘の戦争」見逃し動画はここで観れます⇒FOD(フジテレビオンデマンド)

「嘘の戦争」見逃し動画ここで観ました

↓

フジテレビオンデマンド