読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

東京タラレバ娘 7話 ネタバレ 感想です 今回は恋愛ドラマじゃなかった!

f:id:momotaeimi:20170224151211p:plain

東京タラレバ娘、第7話いかがでしたか。今回のテーマは、恋愛ドラマというより、ヒューマンドラマの展開でしたね。倫子が仕事に目覚めるという。ドラマの展開も毎回毎回、恋愛に焦点をあてていると視聴者を飽きさせてしまうし、女性が抱く仕事へのやりがいとか女性目線の展開も必要なのかなと感じました。仕事をしている私的には共感できるところはありますけどね。倫子の生き方悪くないなって思います。今の時代、自分のやりたいこと、夢を追い続けることって相当難しいですから。あ、ちょっとマジメなこと語っちゃいましたかね。

おじさま3人組がよかった

北伊豆のおじさま3人組いい味出してましたね。大物(?)俳優の名前思い出せないのですが、町おこしの監督の俳優の田口さん、確かいろいろとドラマに出ているおじさん俳優ですよね。ショムニでしたっけ?頭てかてか具合がかわいくて気になっちゃいました。おじさんたちが倫子たちを招待したお店のお品書きにかかっていた、「スエスカレー」って何でしょう?ネット検索しても何もでてきませんでした。とても気になります。

このドラマで気になることがいくつかあるんですが。まず、金髪ことKeyの金髪ヘアー、なんであんなサラサラなのかなぁっとうらやまし~と思っちゃいます。それとタラとレバのマスコット(?)最後に倫子にカツを入れる場面の顔が正直怖いです。間近で見たら本当に引いちゃいそう。

それにしても「呑んべい」、こんなお店が近所にあったらいいなぁと思っちゃいます。たぶん一人でも通っちゃいますね。恋するシーズンの打ち上げをまさか呑んべいでやるとは。ドラマの展開でなんだかんだメインキャストのお店が使われるということですかね。小雪のお父さんが作る料理食べてみたい。

倫子が町おこしの脚本を書き直すときの目、なかなか良くなかったですか?恋愛にときめいている姿より、仕事に燃えている姿がいいなぁと思っちゃいました。タラレバ娘、もしかしたら恋愛ドラマじゃなくてヒューマンドラマなのかな?ってちょっと思いました。おそらく、ターゲット視聴者は30代ということがポイントですかね。30代ともなるとドラマの設定のように結婚願望があるものの、仕事ものってきて本当はバリバリの世代じゃないですか。仕事も恋愛も成功させたいって思ってるはず。倫子といい、香といい自分の夢をかなえるっていいなぁって思います。憧れます。

正直、丸井は許せない!

しかし、このドラマで一番許せないのは丸井です。これから奥さんに二人目が産まれるっていう時に何をしてるんだろう!!産後クライシスがあったから、結婚生活に不満がでてきた?そんなの弱すぎる。結局、家族のこと何にも思ってないんじゃないか!小雪が好きな気持ちが全くわからない。逃げているだけじゃないか。本当にムカつきます。

このドラマで何だか男性に翻弄される女性の姿を描いているけど、現実そうなのかなぁ。今の女性は強いから、男性に合わせるのがなんだか現実味がないなぁって。それとも30代世代はそうなのかしら?少なくとも私の周りには30代はいないですね。皆、強くたくまし女性ばかり。

このドラマが伝えたいことってなんだろう。恋愛が全てじゃなくて生きていく意味を考えたり、生きるための知恵をつけたり、そんなことなのかなって考えちゃいました。恋愛ドロドロドラマより中身があって全然いいですけどね。視聴率とかはわからないけど。

まちおこしのドラマ、あれは倫子のこと?っと思いました。主演女優の女性、自然の演技でびっくりでしたね。まぁそれもドラマの中の設定ですけど。余談ですけど、吉高の顔を見てると、どうも「トリス・ハイボール」を思い出しちゃう。でも、ドラマではもっぱらビール飲んでますね。

最後のシーン、驚きのような、お決まりの展開のような。早坂さんって一途なのか、気が多いのか。でも、ちょっと現実的意にもあり得るかなとも思ったり、ないでしょ?とも思ったり。まぁ、今時あんな感じの男性は珍し過ぎる感はありますけどね。とにもかくにも来週も楽しみです。