テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 5話の動画を観た感想です(ネタバレ)

f:id:momotaeimi:20170327140641j:plain

CRiSiS第5話です。稲見(小栗旬)が刑務所に潜入捜査するところからストーリーが始まる。政治家を脅している暴力団をつぶすための潜入捜査のために。稲見が牢屋に行くと既に二人の囚人がいた。そのうちの一人、沢田と同郷ということで親しくなる。出所した稲見は、沢田にコンタクトを取り暴力団の仕事を紹介してもらうように頼む。今のところばれていないようです。面接のためのスーツを買いに来た時、田丸(西島秀俊)がUSBを渡した。

警察ってすごいですね

f:id:momotaeimi:20170327140825j:plain

面接のため沢田の事務所を中澤として訪れた。沢田に気に入られたようで夕飯をおごられながら沢田は将来を中澤(稲見)に語った。沢田と別れた帰り、稲見は班長の吉永(田中哲司)が運転するタクシーに乗り、吉永は今回の捜査の背景を話した。稲見は今回の政治家を救うための捜査がどうも腑に落ちないようです。しかし、捜査でタクシーまで借り出せるなんて警察ってすごいですね。

暴力団事務所で、稲見の身元を探り沢田と同じ中学の名簿にないことを告げられた。特捜班の助けもあり何とか切り抜けた稲見。でかい取引があるようで慎重になっているとのこと。稲見は、田丸と会い今回の捜査状況を話した。田丸は過去に潜入捜査をしたことがあるようで、潜入捜査の虚しさを語る。「本当の人生と偽りの人生どちらでも良くなってしまう。本当の人生に戻りたいと思う大切な何かを見つけることが必要」だと。「田丸さんにとっての灯台は何か」と聞かれて、「もう忘れた。」と言う田丸。

田丸は林千種(石田ゆり子)に教会で会い、「いつものです」と封筒を渡す。二人の会話によるとどうやら、千種の夫が潜入捜査を2年もしているようで、夫がいない生活が本当の人生だと思い始めている千種。田丸に好意を抱いている様子。おそらく田丸もだと思いますが、元同僚を裏切ることはできないんじゃないかと。そりゃそうですよねぇ。しかし、そんな長期の潜入捜査ってあるんでしょうかね。

稲見と沢田が薬物の取引のために現場に向かうところを、特捜班は密かに車を追っていた。途中、一台の車に阻まれ、稲見の車を見失ってしまう。何やら裏がありそうです。稲見達が取引の場所に着き、ヤクの取引を始めた時、いきなり現れた二人の男達から銃撃を受け皆殺された。稲見は何とか助かるが、後輩として良くしてくれた沢田が亡くなり愕然とする稲見。そこへ特捜班の車が来て、悔しさで苛立つ稲見を何とか抑えた田丸。目で物を語るという迫真の演技でした。おそらく、田丸は「灯台を忘れるな。我に返れ」と心の中で言っていたんじゃないかと。

「CRISIS」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド

全く理解できないです

f:id:momotaeimi:20170327140836j:plain

警備局長の鍛治は、政治家の神谷官房長官に会い、今回の捜査が必要だったのかと問う。神谷 は、フィクションとして今回の事件の真相を語る。ある大臣が財源欲しさに、企業を巻き込み暴力団を使い薬物取引を始めた。その暴力団が欲をだし、更に薬物取引を展開しそうになったため、その動きをつぶすために仕組まれた取引だったことを。特捜班はおとり捜査に使われたようです。暴力団をつぶすために、何でわざわざ特捜班が使われたんですかね。全く理解できないです。

稲見は、神谷との密会後の鍛冶に、今回の捜査の黒幕かと尋ねた。「自分は、薄汚いことに加担してしまったと。」そんな稲見に、鍛冶は「正義感につぶされるな。しなやかに動け。いつか悪をつぶすことができるまで」と。確かに、警察という本来国民を守るべき組織が、汚い政治家を助けるようなそんな世界があることを知ったら、やってられないですよね。最後に、稲見は鍛冶に聞く。「もし、私が権力に逆らったら殺しますか」と。

鍜治に稲見の言葉が響いたようで、翌日、神谷官房長官による少女わいせつのニュースが流れた。薬物取引のことでは、証拠がないので逮捕できないですが、第2話で問題になった大物政治家による少女わいせつ事件で神谷を逮捕させた。部下の気持ちを汲んだ鍛冶局長、ちょっとカッコイイです。モヤモヤで終わると思ったのでちょっとスッキリです。「CRISIS」見逃し動画はここで観ます⇒FOD(フジテレビオンデマンド)

「CRISIS」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド