テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

警視庁捜査一課長 season2 4話 見逃し動画を視聴した感想です(ネタバレ)

警視庁捜査一課長 season2 見逃し動画ここで観ています

↓

警視庁捜査一課長 season2ロゴ

登場人物の関係が複雑でわかりにくかった

f:id:momotaeimi:20170515142633j:plain

第4話 今週はちょっと登場人物の関係が複雑でわかりにくかったような気がしました。新宿2丁目のおいしいパン屋さんと保育士の関係や、誘拐した女の子のお父さんが何の問題でもめてたか?とかが特に分かりにくかったように思います。かえって、それが観ている方にはミステリーっぽくなってよかったのかもしれませんが。

大福(真琴)が女性ならではのカンをなんとなく手繰りながら、高級なアクセサリーは遺体に残っていたことから物盗りの犯行ではないことや、服とアクセサリーがチグハグなことから、昨日が誕生日で、〈新宿のホステス〉だと当てたのはスゴいカンだなと思いました。刑部公平もさりげなく同感してたのも、彼の成長というかアピールも感じましたが。   カンといえば、殺害現場に残っていたタイヤ痕みたいな痕から、殺害された人が持っていたのがキャリーバッグだとすぐに察知したのには、まさに職人!とうなりました。しかもそれにお札が入っていて、お札の大きさや重さからいくら入ってたか?まで探り当てていたからスゴイですよね。

シーズン1からの引き続きで、捜査一課長ならではの〝東京の知って得する情報〟ですが、今週は《新宿》だったのではないでしょうか?新宿2丁目のおいしいパン屋さんの車を大福が〈しんじゅく〉と読んだのは〈にいじゅく〉でしたね。これは東京に住んでいる人でもどのくらいの人が知っているんでしょうか?

特に気になった2つのシーン

f:id:momotaeimi:20170515143108j:plain

それから、観ていて特に気になったシーンが二つありました。1つ目は、おいしいパン屋さんが隠しカメラに映っていたいたシーンです。防犯カメラの画像の日にちが、放送日の3日前の《2017/05/08》になってましたね。放送日に合わせてあんなに細かいところも番組が作られていたのには思わず「うわっ!」と声をあげてしまいました。気づきましたか?

2つ目は、大岩課長と運転担当刑事の刑部公平(本当の名前の呼び名はぎょうぶ)の車内で会話していたシーンです。車と周りの風景の様子がおかしかったように感じました。あれは本当に運転して動いている車内だったのでしょうか?もし運転していなかったとしたら、今時のドラマでは珍しいですね。

その刑部公平ですが、〈ぎょうぶ〉という名字なのに〈けいぶ〉と呼んでいるのを知っている人ももう多いとは思いますが、車内で会話でのシーンでもわざとその〈けいぶ〉を強調して電話で話していましたね。刑部のこれからに期待し、かわいがっている大岩課長の笑顔に和みを感じました。

いつもながら微笑ましかったのは、番組最後の大岩課長が奥さんに帰るコールです。奥さんに電話で「今夜は外食しようか」と一度は言ったものの、電話の向こうでそれを聞いた奥さんが調理中のスイッチを押して消す音がしたのに気付いて、「やめた、今日は家に帰ってやっぱり小春の料理を食べるよ」と言ったシーンです。お互いの気遣いも微笑ましかったですし「大岩課長やるね!」って思いました。愛猫のビビちゃんもあんな微笑ましい家にいてきっと幸せだし、だからこそ事件解決のヒントをくれているのかもしれませんね。⇒警視庁捜査一課長 season2の動画はここでみています

警視庁捜査一課長 season2 見逃し動画ここで観ています

↓

警視庁捜査一課長 season2ロゴ