テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

小さな巨人 5話 見逃し動画をみた感想です(ネタバレ)

小さな巨人 見逃し動画ここで観ています

↓

小さな巨人

これは現代歌舞伎ですから

f:id:momotaeimi:20170425151203j:plain

日曜劇場 小さな巨人、第5話です。私はとっても面白いと思ったけど、皆さんどうでしたか?リアリティがないと言う人もいるんだけど、これは現代歌舞伎ですから。ざっくりと筋と演技を楽しめば良いと思います。ただ、描かれていないことを想像して補えば、むしろリアリティはとてもあると思います。

今回は、芝署署長・三笠(春風亭昇太)を追い詰めるのがメインのお話でした。山本アリサ(佐々木希)が持っていたUSBメモリ、その欠片(端のプラスチックの一部)がなんで証拠なんだ、という意見もありますが、これはかなり精緻に組み立てられた推理です。貴族探偵の100倍くらい精巧な推理です。

まず、USBメモリの内容を分析すれば(それは科捜研でやっています)それが風見京子の作成したものであることはわかるはずです。USBメモリに監視カメラシステム全体が入るのかという疑問はありますが、その肝の部分の構想なりAIのなんか独創的な部分が記憶されていたのでしょう。

中田隆一(加藤春彦)が社長をしているナカタエレクトロ二クスだって専門家はいるんだから、すべてを丸パクリする必要はありません。肝になる部分だけ分かれば良いし、風見京子もそういう部分だけ記録しておいたのでしょう。そもそも風見京子がシステム全体を設計してコーディングまでできるわけはないですしね。

問題は、なぜ、このUSBメモリの欠片が証拠になるかですが、まず、三笠署長は風見京子と面識はないのだから、第1のポイントとして本来、三笠署長がUSBメモリの欠片を持っているわけがないのです。入手したのはなんらかの形で風見京子と接点を持ったときです。そして、第2のポイントとして、池沢菜穂(吉田羊)の供述があります。

和田アキ子はないよなあ

f:id:momotaeimi:20170425151905j:plain

池沢菜穂は、中田隆一が風見京子を突き落とした現場にいて、それを見ていたわけです。ただ、それだけだと、池沢菜穂が嘘の供述をしている可能性があります。それが嘘でない証拠が、USBメモリの欠片なのです。つまり、中田隆一がもみ消しを頼んだからこそ三笠署長がこっそりと現場に来たわけで、だからこそ、三笠署長がUSBメモリの欠片を手に入れたのです。

もちろん、その後に現場は鑑識が精査しているのですから、三笠署長がUSBメモリの欠片を手に入れたのは正規に警察が現場に来る前です。つまり、中田隆一による殺害→中田隆一によるもみ消し依頼→三笠署長の現場到着→USBメモリの欠片の拾得は一連の流れとして池沢菜穂の供述を裏付けています。

だから、リアリティがないどころではなく、メチャクチャよく考えられたストーリーなんです。でも、読んでおわかりのように、これをドラマで説明すると、細かすぎるので、ドラマの中では説明を端折ったのでしょう。一方で、芝署の刑事課員が署長室を捜索するのとか、それを捜査1課長(香川照之)が助けてやる部分はドラマ的なお約束な部分。

そういう部分と細かすぎるくらい精緻な部分をきちんと見分けてやらないと、脚本が雑だとかリアリティがないという批判になってしまいます。後は春風亭昇太さんの大根演技ですね。これですべて嘘っぽく見えてしまいます。まあ、確かに小悪党には見えるんですけど、これが小日向文世さんとかだったら全然違っていたでしょう。

なぜ、いちばん大事な役をど素人に任せてしまったのか、これは確かに失敗だと思います。今後の豊洲編でも、重要な役どころが梅沢富美男さんと和田アキ子さんでしょ。登場人物は森友事件に着想を得たんでしょうけど、和田アキ子はないよなあ。小さな巨人での素人の起用はここまで全部失敗しているのが、今後の不安要素です。

小さな巨人 見逃し動画ここで観ています

↓

小さな巨人