テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

ボク、運命の人です。 6話 見逃し動画をみた感想です(ネタバレ)

「ボク、運命の人です。」見逃し動画無料で観れます

↓
hulu

4文字の言葉で呼び寄せろ

f:id:momotaeimi:20170416202934p:plain

「ボク、運命の人です」第6話です。前回のストーリーで、最後に誠(亀梨和也)と晴子(木村文乃)がいい感じになりましたね。結局、晴子は「もう少し考える時間をください。」と言って保留にしてしまいましたが。そんな晴子を同僚の三恵(菜々緒)はつつく。

関原(大倉孝二)は、誠と和生(澤部佑)に今日は大凶だと語る。関原がジョギングしている時、たまたま三恵と定岡(満島真之介)がマンションから出てくるのを目撃してしまい。関原は語る、「平日の朝6:45に出てくるカップルに何もない訳はない。」と。二人は関原をなぐさめ、とことん慰めようと飲み、誠のマンションになだれこんだ。

晴子は、母に尋ねる。「お父さんとの結婚の決め手は何だったの?」と。そんな大きな理由はないけど、この人だったら楽しく過ごせるんじゃないかと母は語った。確かに、そうかもしれませんよねぇ。誠は、関原に朝ご飯を出して見送った後、謎の男(山ビー)が現れ、「男を呼んでどうする?」と。晴子を何とか家に呼ぶために、4文字の言葉で呼び寄せろと。不可解ですね。言葉をチョイスしろということらしいですが。

島田課長がチームに告げる。隣の会社、スワローマーケティングにマーケティング調査を依頼し、異業種交流会を開催することになった。誠は、営業周りの時に見つけた木材店で、木彫りの材料を買い、「王将」という文字を何やら彫り始めた。そして、交流会の日、様々な人間模様が展開された。初めの展開では、様々な偶然話で盛り上がりを見せていた交流会だったが、後半、島田課長を密かに気に入っていたすみれは、島田が妻子持ちだということを知り愕然とした。また、三恵は定岡と付き合うことになると思うと。そして、誠にも飛び火が。三恵と定岡が付き合うということに打撃を受けた関原が、誠が彼女と同棲しているとうそぶく。

雨が降ればいつもどしゃぶり

f:id:momotaeimi:20170416203121p:plain

ショックを受けた晴子は、席を立った。追いかける誠。ショックを受けるということは、誠に少しは気が向いてきたということですかね。身の潔白を証明しようと、何とか晴子を自分の部屋に呼び、一生懸命言い続ける誠。部屋にかけてあった青いTシャツを見て、2年前につきあっていた男性から、妻子がいることを告げられショックで打ちひしがれているところを、サッカー観戦の帰りに通りかかったのは誠と和生だった。晴子が青いコートを着ていたので、サッカーファンの一人と勘違いし、「そんなに落ち込まないでください。次は絶対に勝ちますから!」と叫び続けた。そんなやり取りに 晴子は、更に悲観的になり、誠のTシャツに書かれてあるwhen it rains, it pours(雨が降ればいつもどしゃぶり、つまり泣きっつらに蜂」という諺に更に打ちのめされたことを語った。 そんな誠に晴子は尋ねた「勝てますか?次の試合、私は勝てますか?」と。誠は「勝てます!」、「もちろん」「好きです」と4文字でまとめ、自信満々に言った。うまくまとめましたね。 晴子は、「私もです」と。やりましたね!

しかし、どこから晴子は気持ちを切り替えたんでしょうかね。少々唐突なような。その時、棚に置いてあった米の袋から、米が漏れだし、「ライスシャワーですよ!」と言う誠。なかなかピュアですよね。Tシャツに書かれていた諺のように雨が降り出し、二人は微笑む。相合傘で晴子を送りタクシーまで見送る誠。タクシーの中で、ラジオの放送ナレーターが、今日のサッカーの結果をアナウンスした。「ここで日本見事に逆転勝ちを収めました!」と。試合に勝ったことを知り、また微笑む晴子だった。

晴子が帰った後、謎の男が現れた。Tシャツが見えやすくなるようにかけなおした、王将の木くずを更に増やしておいた、米が落ちるのを手助けしたのは自分だと。やっと、つきあうことになった誠に、残り1ヶ月で結婚まで突き進めと、1ヶ月で結婚しないと地球が滅亡すると告げた。 それにしても、なぜ誠と晴子が結婚しないと地球滅亡になるんですかねぇ。謎です。⇒2週間無料トライアルで「ボク、運命の人です。」が見放題

「ボク、運命の人です。」見逃し動画無料で観れます

↓
hulu