テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 7話の動画を観た感想です(ネタバレ)

「CRISIS」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド

そんなこと日本でできるんですかね

f:id:momotaeimi:20170327140641j:plain

CRiSiS第7話です。「そろそろ始めよう」何人かの若者たちがお店に集まり、パソコンで何やら捜査していた。日本経団連のホームページがハッキングされ、「平成維新軍」犯行予告文が掲載された。「6月9日に悪の根源の一端を取り除いてみせよう」と。 特捜班は彼らの計画を探る。捜査2課がパソコンの発信者の身元を割り出したが、全く関係ない人物だった。

大山玲(新木優子)が、以前所属していた平成維新軍の全身 トリュートルーパーで、「坂本」と名乗る仲間と銀行口座をハッキングし、お金をだまし取ろうとして失敗に終わったことを話した。そして、大山が坂本のIPアドレスを調べ今もその情報を持っていると話した。IPアドレスから住所を割り当て、捜査班は自宅に向かい本人を捕まえた。IPアドレスから住所がわかってしまうなんて、私達もネットから情報を発信する際は、気をつけないとですよね。

坂本と名乗る男は、オオバアキラという高校生だった。特捜班は、アキラの自宅から仲間の名前を割り出した。しかし、パソコンから情報を割り出すために、10桁のパスワードが必要でその数字を割り出すのが困難だった。 一方、平成維新軍と思われる若者たちが、山中で銃撃の練習をしていたんですが、そんなこと日本でできるんですかね。まぁドラマですが。田丸(西島秀俊)が、「どっかの国みたいに拷問できれば口を割るかもししれませんが」と言ってましたが、海外ドラマの24のことですかね。

大山は、取調室にいるアキラに話しかけた。アキラは大山に過去の銀行をハッキングした方法を尋ねた。大山の背景を探るために。ペラペラと話し始めるが、テロの詳細については話さず、大山はアキラに「鏡に映る自分を見たことがあるか。一人で計画を実行しないのは仲間に頼り、自分を正当している単なる詐欺師だと」。アキラを挑発し話をさせようと計画だった。

そこまでの情熱を持てることはある意味素晴らしい

f:id:momotaeimi:20170327140836j:plain

アキラは、班長の吉永(田中哲司)に自分の家庭環境のことを話し始めた。両親の年収が低く、ローンに追われていつもお金の話ばかりしていると。借金して一流大学に入ったとしても、周りに親の金でのうのうと暮らすヤツがいると。貧富の差による教育と日本の政策への抵抗のためのテロを起こそうとしているようですね。つまらない大人にならないために、この世界に制裁を加えるのだと。 そんな志をいい方向に持っていけばいんでしょうけど、悪い方向に行ってしまったようですね。そこまでの情熱を持てることはある意味素晴らしいですが。

大山は何とかパスワードを解読しようとするが、なかなか見つけられない。そしてとうとう犯行予告の当日を迎えた。大山はアキラとの会話で、二人で行った銀行計画の実行日にパスワードの鍵があるとにらみ、やっとパソコンにアクセスすることができた。それにより、テロの計画が明らかに。すごい洞察力ですねぇ~。驚きです!

午後0時29分。何やら平成維新軍たち仲間の動きが。ある大学で、一人の女がお金持ちの息子と思われる男に銃を向け、大山が捕らえた。あるところでは、女が標的を打とうとしたところを樫井が、他の場所では吉永が、田丸が次々と仲間を次々と捕らえた。そして稲見もある男を。捕らえた時にその男の耳に囁いた「自由になった時に、アイツがまだ悪い人間だったら、また狙えばいい」と。そんな事、言っちゃって大丈夫ですかね。

アキラは、計画がしっぱいしたことを知り語り始めた。「この時代誰でもテロリストになれる。 平等はあらゆる善の根源である。不平等はあらゆる悪の根源である。私達はこの国の英雄なんだ!」と。その目が何かを信じすぎている感じで、めっちゃ怖かったです。そこまで何かを信じることができるってすごいことですが。ネット上では、平成維新軍にまだまだ賛同する若者たちのコメントが寄せられた。「この国の未来のために」。今後も展開がありそうです。「CRISIS」見逃し動画はここで観ます⇒FOD(フジテレビオンデマンド)

「CRISIS」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド