テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 9話の動画を観た感想です(ネタバレ)

「CRISIS」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド

ユウキはどうやらテロを起こそうとしているのか

f:id:momotaeimi:20170327140641j:plain

CRiSiS第9話です。時は、2016年6月15日午後3時01分、無残な死体の山、稲見(小栗旬)が自衛隊時代の回想シーンから始まった。そして、シーンが変わり、国会中継の様子で総理大臣/岸辺正臣が画面に映った。大山玲(新木優子)が特捜班の事務所でテレビのスイッチを切った。もしや、大山の父親は総理大臣?休日なのに、樫井勇輔(野間口徹)も班長の吉永(田中哲司)も出勤してきた。吉永は妻と娘とは別居のようで。田丸(西島秀俊)は、いつも千種と会っていた教会である男から、「国家は腐敗していると思わないか。国家を変えてみませんか。」と話しかけられたことを回想していた。稲見(小栗旬)は、いつものバーで彼女と映画デート。それぞれの休日の過ごし方のようです。

特捜班の事務所に警備局長の鍛治(長塚京三)がいきなり現れ、稲見を外に呼び出した。事務所に来るのは初めてですね。自衛隊時代の同僚、ユウキタケシとのことを稲見に尋ねた。2年前に脱走したらしく行方不明になっているとのこと。木の陰に男の姿。稲見はいつものバーに向かおうとしたところに、ユウキが突如現れた。稲見と何かありそうですね。ユウキは稲見に尋ねた。稲見がいつも回想している森の中で一人の男性を撃ち殺すシーン、その任務で国家のことを懲りたんじゃないかと。稲見は、「いつか、俺の力で国家を変えられると信じているからさ。」と答えた。ちょっとくさいセリフですが。ユウキはどうやらテロを起こそうとしているのか、稲見を誘った。稲見は断ったが、「もし気が変わったら3日後に会おう」と。

稲見をおとりに使ってユウキをおびき寄せる

f:id:momotaeimi:20170327140836j:plain

警備隊が稲見をおとりに使ってユウキをおびき寄せるという計画らしい。特捜班もその任務に関わることになった。稲見がいつも行くバーで、特捜班はそれぞれ待機していたがユウキは現れず。どうやら特捜班の動きを把握していたようで。まぁ、特捜班の動きにしてはバレバレの感じでしたからね。稲見は、特捜班メンバーと別れ、一人になった。稲見は鍛冶のところに行き、「ユウキに何が起きているのか」を尋ねるがそれには答えず、「もし、ユウキが引き金を引いたら迷わずお前も引き金をひけ」と指示する鍛冶。ユウキは、大山が出勤してきたところを襲いかかり、特捜班の事務所に入った。閣僚の個人情報をコピーさせた。

ユウキは大山を人質に取り、稲見達を退けさせ逃げ出した、爆弾をしかけて。そして、事務所が爆発。大山が、田丸が、樫井が、吉永が倒れた。いよいよクライマックスですね。来週が最終回です。これまでの話を見逃している方も安心してください。フジテレビオンデマンドで全話視聴することができます。「全話パック」ですと、単発でみるのと比べてほぼ半額で視聴することができますので断然お得なのでおススメです。「CRISIS 全話完全無料で視聴できます」のようなでたらめ記事を書いているサイトもありますが、完全なる嘘記事ですので騙されないでくださいね。「CRISIS」見逃し動画はここで観ます⇒FOD(フジテレビオンデマンド)

「CRISIS」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド