テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

小さな巨人 8話 見逃し動画をみた感想です(ネタバレ)

小さな巨人 見逃し動画ここで観ています

↓

小さな巨人

可愛いけれどドジっ娘な三島裕里ちゃん

f:id:momotaeimi:20170425151203j:plain

日曜劇場 小さな巨人、第8話、江口(ユースケ・サンタマリア)殺害容疑のあった富永(梅沢富美男)が釈放され、横沢裕一(井上芳雄)が指名手配されます。所轄・豊洲署も捜査に加えてもらえます。香坂(長谷川博己)は、 三島裕里(芳根京子)を横沢裕一の妻・亜美(中村アンさん)に張り付かせその動向を探ります。

これが第8話冒頭でした。しかし、三島は自分の任務を亜美に話してしまうという大失態を犯します。しかも、席を離れた隙に、自分の携帯を亜美に使われ、知らぬ間に亜美が裕一に連絡を取っていたのです。相変わらず、可愛いけれどドジっ娘な三島裕里ちゃん。まあ、三島が警察の任務で一緒にいる・・・

って、夫の接触を待っているんだって三島ちゃんが言わなくて、亜美の立場なら普通わかりますよね。でも、警察情報が亜美に流れたことが判明しても、三島ちゃんはみんなの前では黙っています。「みんなの前で怒られるのイヤだもん、黙ってよ」っていう三島ちゃんの気持ち、よくわかります。

三島ちゃんは刑事の前に人間なんです。女の子なんです。でも、香坂(長谷川博己)には白状していたかバレていたらしく、香坂はそれを逆手に取ったのです。亜美の目の前にドジっ娘裕里ちゃんの携帯を放置。亜美の送った内容を傍受し、まんまと捜査1課の刑事たちを出し抜き、亜美と裕一の密会場面を押さえることに成功します。

偉いぞ、三島ちゃん。三島ちゃんのおかげだ。しかし、捜査1課刑事の藤倉(駿河太郎)が現れ、身柄は捜査1課の手に。ところが、これまで、小野田捜査1課長(香川照之)の命令に素直に従っていた藤倉が、今回、小野田が早明学園の二重帳簿問題をうやむやにするつもりだと聞いて反抗したのです。

いったい、山田は何がしたいのでしょう

f:id:momotaeimi:20170524134545p:plain

具体的には、逮捕した容疑者・横沢裕一の身柄を本庁ではなく所轄へ。香坂、山田(岡田将生)、三島ちゃんは大喜び。しかし、容疑者・横沢裕一が逃走するという大失態が発生します。しかも、なんと逃走させたのは山田。またやっちまったのか山田。横沢裕一は逃走後、どこかにUSBを取りに行っていたようで、それを山田に渡すわけです。

山田は二重帳簿のデータを入手できたようですが、どう考えてもあんなことしてたら捜査1課長にはなれませんよね。捜査1課に戻ることも危うい、と言うかもう無理ですよね。父親の不正を暴けるかもしれないけど、親子で潰しあったって仕方ないのに。それに山田は捜査1課長を目指してノンキャリアやっていたはずでは?

いったい、山田は何がしたいのでしょう。いよいよ第9話ではわかりそうですね。と言うか、あと2回で終わるわけだから、わからないと困ります。あと、捜査1課長が本当に悪なのか、ひょっとして万が一にも善なのか、そろそろ明らかになるんでしょうか?しかし、やはり、決め手は三島ちゃん。

やっぱり「大どんでん返し」ってことだと、三島ちゃんがなんか絡みそうですよねえ。このままだと、チロチロ右往左往していただけの可哀想な人になっちゃう。最後の最後になって、実は三島ちゃんが山田の異母妹かつ山田・父の手下で、父に勝ったつもりの山田に対して「甘いぜ兄貴」

とか言ってすべてをひっくり返すか、あるいは、内閣総理大臣直属の密偵で、にたにた笑っている捜査1課長の前に桃太郎侍のように登場、「やいやいやい、この悪代官、貴様のような悪党は、警察が許しても、お天道様とこの三島裕里が許さねえ」とか言って肩脱ぎ。1課長をハイヒールで踏みつけ「召し捕ったりぃ」とかやって欲しいなあ。

小さな巨人 見逃し動画ここで観ています

↓

小さな巨人