テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 10話(最終回)の動画を観た感想です(ネタバレ)

「CRISIS」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド

CRiSiSいよいよ、最終回です

f:id:momotaeimi:20170327140641j:plain

CRiSiSいよいよ、最終回です。どんなラストになるのでしょうか。前回のストーリで、稲見の元同僚であるユウキが特捜班の事務所に爆発をしかけ、事務所が爆発。特捜班のメンバーはどうなったのか。何とかみな無事でした。まぁ、皆死んでしまったらドラマ終わっちゃいますからね。班長の吉永が「10分だけ休んでいいぞ。その後反撃開始だ」と皆に告げた。そう言えば、田中哲司の不倫騒動がニュースで流れましたね。そんな感じに全く見えませんでした。

稲見がユウキと働いていた時のことを語り始めた。その時、稲見は思った「この国の国民のためじゃなく、国家のためではないのか。」と。稲見は迷いを抑えて任務に没頭しようとした。ある国家の極秘プロジェクトで、一人の人間を殺さなければいけなくなり、その後稲見は自ら除隊し、鍛冶に拾われた。ユウキも何らかのきっかけでテロリストになろうと決めたのか。特捜班はユウキの動機を探った。

大山がユウキが持ち出したUSBにウイルスを仕掛けていた。ユウキがPCに接続すれば遠隔操作できるようになると。あんな短時間でウイルスを仕掛けて、しかも遠隔操作できるなんてすごいですねぇ。現実にできるのでしょうか。無理ですよね・・。青沼が事務所に訪れ、新しい事務所に移れと皆に言った。

ユウキがとうとうPCにUSBを差し込んだ。特捜班のPCにも情報がでて、ユウキがどこにいるかが判明した。閣僚の写真を眺めその後なぜか天気予報をチェックしていた。いつも思うのですが、特捜班の車の荷台と思われるところに、稲見達が座っているのですが、荷台に座ってもいいんですかね。自衛隊や警察仕様の車なのでしょうが。特捜班は、ユウキの居場所をつきとめ、稲見がユウキの車に銃口を向けた。車からよけない稲見を田丸が助けた。「自分を罰そうとするな」とたしなめた。

鍛冶は何かを知っているようですが、特捜班には何も手がかりを与えないようで。青沼役の俳優さんが地味ですが、役にマッチしてますね。ユウキはあるマンションに入り、部屋から岸辺総理大臣を弓矢で狙い、弓矢を放った。ちょっとアナログなやり方ですが見事命中。岸辺大臣は倒れた。ユウキのパソコンからテロにつながるような手掛かりは今のところない。ユウキの恋人らしき女性の姿が映っていた。田丸が見覚えがあると言い「1年前の東京駅セントラルホテルで爆発した時の事件を呼び出してくれと」言い、見事当たり!被害者の写真を覚えているなんてすごい記憶力ですね。ちょっと無理がある感じがしますが。その事故でユウキの恋人が亡くなった。

ちょっとモヤモヤが残りました

f:id:momotaeimi:20170327140836j:plain

ユウキはどうやらその事故のことで閣僚に恨みを持っているようで。一体何があったのでしょう。岸辺総理大臣が転倒して左鎖骨打撲したとのニュースが流れた。こういう時、事実を流さないのですねえ。まぁ、国民が混乱しますからね。鍛冶が総理の病室に行き、不手際を謝った。1年前の事件がやはり絡んでいるようです。総理は折り入って頼みたいことがあると鍛冶に含みを見せて言った。田丸と稲見は、ユウキが弓を放った部屋に取り調べに行き、ユウキがおそらくわざと急所を外したと推測した。鍛冶は、特捜班に岸辺総理の息子、ダイスケの警護を命令した。ダイスケを呼び出すために、ユウキは総理を狙った。ダイスケはある犯行組織の一員だった。東京駅が標的だったが、任務を任されたダイスケは、怖気づきカフェに爆弾を残しその後カフェ場爆発した。その後、総理の息子ということもあり罪は問われず、アメリカに留学という名目で逃がした。その息子の警護を特捜班は任された。特に田丸は、何とも複雑な心境ですよね。大切な元同僚ユウキの恋人を殺した張本人の警護をすることになるなんて。

亡くなった恋人のために、国家を相手に自ら復讐を企てようとするなんてすごい思いだなと思います。いくら悔しくても普通はそこまでできないですよね。まあドラマですが。息子が日本に帰国することになり、特捜班は警護の任務に就いた。空港からダイスケを乗せた車が走り出し、ダイスケの横に座った田丸は複雑な様子。特捜班の車の背後にパパラッチのバイクが追いかけた。バイクで追いかえるものなんですねぇ。その一人が何とユウキだった。樫井が人質に取られ吉永に銃口を向けた。樫井が撃たれ吉永もやられた。あっけない顛末です。ユウキはダイスケと田丸が逃げたマンションに入り、稲見とユウキの攻防戦が始まった。二人ともすごいアクションです。

ユウキがナイフを持ち出し緊迫な戦いが始まり。稲見の左腕を刺した。結構傷が深そうですが、何とか稲見が立ち上がった時、ダイスケはユウキに銃口を向けた。ユウキはダイスケに立ち向かい銃口を向けた。過去の恋人とのことを話しながら。「国家の不都合の痕跡を取り除くために任務につき、婚約者であった恋人の死を目の当たりにし、復讐に目覚めた。俺にとって初めての愛だったのだ」と。泣ける話です。稲見も国家のために無実の人を死なせたことをずっと悔やんでいたことをユウキに語った。そして、「俺がお前を解放してやる」とユウキに銃口を向け銃を放った、壁に。本当に撃ったのかとびっくりしましたが、わざと外したようで。

ユウキは逮捕され特捜班の車に向かおうとしたところ、何者かに撃たれた。おそらく、国家の命令で。鍛冶が現場にいて特捜班を見つめていた。田丸が「俺たちはこのためにおとりに使われたんだ」と悟った。ひどすぎますね、こんな国家も総理も。

特捜班はいったいどうなるのか。今後も任務を続けるのか。樫井が、大山が、吉永が、田丸が、そして稲見がそれぞれの道を考え始めていた。稲見にとっては国家に対しての疑念が強まりましたからね。そして、画面が変わり「緊急ニュースが入りました」で終わった。こんな終わり方が!続きがあるのでしょうか。視聴者にその後を推測させる終わり方のドラマ時々ありますが、ちょっとモヤモヤが残りました。おそらく、特捜班メンバーが何か行動を起こしたのだと思いますが。終わりです!「CRISIS」見逃し動画はここで観ます⇒FOD(フジテレビオンデマンド)

「CRISIS」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド