テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

リバース ドラマ 10話(最終回) 動画をみた感想です(ネタバレ)

リバース 見逃し動画ここで観ています

↓

リバース

広沢を殺したのは俺だった

f:id:momotaeimi:20170415222234p:plain

「リバース」第10話です。「広沢を殺したのは俺だった」と深瀬は心の中で叫んでいた。村井の父が、秘書の事件で記者会見を行った。オーバーな演技を上乗せして。浅見の高校でボイコットが続いていた。浅見は、生徒の一人の相良に、自分の過去の過ちを話すがなかなか通じない。 美穂子が深瀬のアパートを訪れると、偶然谷原に出会った。詫びる美穂子。皆に謝りたいと谷原の家に浅見と村井が集まった。

小笠原が深瀬のアパートに入ると、深瀬が床に倒れていた。どうやら飲めないお酒を飲んで倒れていたようで。自分が犯した罪に悩んでいた。自分が広沢を殺してしまったと。まぁ、アレルギーのこと知らなければ仕方ないと思いますが、まさかですよね。小笠原は、広沢の事故の後に現場に落ちていたテントウムシのキーホルダーの手がかりをつかみ、それを追っていた。深瀬を必死で励ます小笠原の姿が微笑ましい限りです

深瀬のアパートのドアの隙間から、封筒が差し込まれた。美穂子だった。広沢のことを書いたノートだった。広沢との思い出だった。美穂子に友達との話を語った。「昔から人は誰かと何かを交換しながら生きてる」と深瀬は広沢に思わせたようで、広沢が励まされたことを。傷ついている深瀬に美穂子は語りかけた。「もし、変われたらまた一緒にコーヒーを飲んでください」と。電源を切っていた携帯を立ち上げ、深瀬はラインに送られた大学の仲間たちからのメッセージを読み涙ぐむ。友情ですなぁ。きっと広沢の事故の振り返りをきかっけに、友情が深まったようですね。

深瀬はようやく村井たちと4人で集まった。広沢の両親に打ち明け、自分たちの罪を謝った方がいいのではないかと。4人は広沢の両親に会いに行くことに決めた。深瀬は美穂子に「何をすればいいかわかったから」と報告した。小笠原から深瀬に緊急の電話があった。「広沢君は、車の事故で亡くなったわけではなかった。」と。あの日、窃盗犯の若者二人が広沢たちが過ごしていた村井の別荘の周囲の別荘を荒らしていた。その二人が、キーがささっていた村井の車を見つけ盗もうとしているところを広沢が止めた。ハチミツ入りのコーヒーを飲んだ後だったため、広沢は二人にすぐ迎えずその後アレルギー症状を起こしたまま、車を何とか追いかけようとしていたが、走り去った。その二人が逃げる途中、スリップ事故を起こし流血し、その手がかりを隠そうと車を崖から落としたのだった。

なかなか見がいのあるドラマ展開でした

f:id:momotaeimi:20170415222635j:plain

おそらく、広沢は車を追いかけて崖から落ちたらしい。広沢は、村井と明日香が待っていることを思い、何とかしたかった。仲間との楽しい旅行を守りたかったんだと。愛媛に向かうバスの中で浅見や深瀬は、今までの自分の人生を語った。広沢の両親の家に着き、4人はそれぞれの罪を語った。広沢の母親は、今更、そんな罪を話して自分たちが軽くなりたいだけではないかと責めた。やるせない気持ちでしょうね。自分の愛息子がそんなことに巻き込まれていたなんて。いっそのこと、知らない方がましなのかもしれません。

小笠原もやってきて、彼らを許す必要はないと母親に語った。4人は、広沢の父親に広沢がどんなことを思っていたかを語った。そして4人を駅まで見送り、「またおいで」と言ってくれた。少しは解放されたようです。それから1週間後、深瀬はいつものカフェを訪れ小笠原と語った。浅見の高校で、ようやくボイコットしていたサガラが授業に復帰してきた。谷原は、会社で上司のパワハラが糾弾され今後いい展開がありそうな気配で。村井は、父の後は継がないと決めた。深瀬の携帯にある会社からの採用通知が届いた。美穂子は、大阪のベーカリーショップで頑張っていた。

深瀬は、ようやく美穂子に会いに行く決心をつけた。「最初からやり直せないかな。二人で一緒に変わっていけないかな」と美穂子に尋ねる深瀬に、「一緒にコーヒーを飲みに行きませんか」とほほ笑んだ。「もし過去に戻れるとしたらいつに戻る?」という深瀬の問いかけでストーリーは終わった。私なら、小学生からやり直したいですね。もっと勉強すればよかったです。なかなか見がいのあるドラマ展開でした。モヤモヤは残らず少しは爽やかな気持ちも残りつつの。⇒リバース 動画はここでみています

リバース 見逃し動画ここで観ています

↓

リバース