テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

貴族探偵 9話 見逃し動画をみた感想です(ネタバレ)

「貴族探偵」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド

第9話は、ちょっとすごい話でした

f:id:momotaeimi:20170501152239p:plain

月9ドラマ貴族探偵 第9話は、ちょっとすごい話でした。ぶっちゃけちゃうと、犯人にそっくりさんがいたのです。それでアリバイ成立です。ネット記事を見ると原作の「神改変」だという意見もありますが、そういう記事書いている人には「はあ、あんたバカぁ?」と惣流アスカラングレー風に言いたいですね。

ノックスの十戒というものがあります。推理小説が守らなければならないルールです。それには「双子は予め読者に知らされなければならない」という項目があります。今回、確かに「犯人(作家)のそっくりさんが現れ無線飲食していた」という話題をドラマ内で前振りしていたので、辛うじてこのルールは守っていました。

しかし、これ、テレビに出ていた作家を真似たそっくりさんがたまたま来店した話。例えば、村上春樹とか羽田圭介のような作家のそっくりさんが料理屋に現れて、「実は財布忘れたんだ、後で必ず払うから」と言われたら、そこそこ似ていている程度でも、よほどのファンでないと本人か偽者か区別つかないことはあるでしょう。

でも、今回のは知人の集まりでバーベキューまでやっていますからねえ。本人かどうかすぐわかるでしょ。小学生か中学生が書く程度のトリックですよ。実際、原作は叙述トリックであって、犯人とそのそっくりさんとの入れ替わりなどではありません。これを神改変などと言っているのは、フジテレビの提灯持ちだとしか思えません。

小さな巨人風に言えば、200%の覚悟を持って言い切れます。今回のトリックはスーパー「おばか」トリックです。ただ、逆に言えば、この犯人役を演じた小市慢太郎さんはエラいと思います。本人役もそっくりさん役も小市慢太郎さんが演じているのです。これはすごい。そっくりさんは本人ではあっていけないのに本人に似せなければならない。

難題を実によくこなしていると思います

f:id:momotaeimi:20170501174236j:plain

このメチャクチャな難題を小市慢太郎さんは実によくこなしていると思います。これはもう一見、いや二見、三見の価値があるんじゃないかな。そもそも本人役がうまい。いかにも作家らしい神経質さと言葉遣いの明瞭な雰囲気が実にうまいですね。小市慢太郎さんは、CRiSiSでもロケットの研究者役で出ていました。

あの時は、二重スパイの挙句、どこかの国の組織だか公安に爆弾付けられて殺されてしまうちょっとイヤな奴でしたが、ああいうカリカリと乾燥した雰囲気が最高にうまいですね。CRiSiSと合わせて見比べてみるのも良いですね。さて、貴族探偵ですが、そんな訳でトリックはどうでも良いクズですが・・・

役者さんの演技とか演出は良かったと思います。小市慢太郎以外でも、殺されてしまう水橋佐和子を演じた田中千絵さんも良かっですねえ。ある意味天真爛漫な魔性の女で、お姉さんに大事にされてきたのに、その姉の夫を寝とるという殺されて当然みたいな女ですが、でも映像的にはすごく綺麗に撮られていました。

その姉役が高岡早紀さん。高岡早紀さんと言えば、昔は巨乳の女の子だったんですよ。今では若い女の子に夫や恋人を取られる役ばかりですね。前期の月9でも、西内まりやとナナリューを取り合っていましたよね。本当に貴族探偵ってキャスティングは最高なんですよねえ。相葉ちゃんも今回は割と良かったかな。

あと、殺害の時間、BGNとしてヨハン・シュトラウスの歌劇「こうもり」の序曲を使ってまとめていたのも良かったですね。実は今回のドラマ、原作のタイトルが「こうもり」なんです。だから、セレブな雰囲気とも相まって「こうもり」を使っていたんでしょうね。本当にトリック以外は良いできでしたね。「貴族探偵」見逃し動画はここで観ます⇒FOD(フジテレビオンデマンド)

「貴族探偵」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド