テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

警視庁捜査一課長 season2 9話 見逃し動画を視聴した感想です(ネタバレ)

警視庁捜査一課長 season2 見逃し動画ここで観ています

↓

警視庁捜査一課長 season2ロゴ

刑部公平の20歳のときの彼女の話

f:id:momotaeimi:20170515142633j:plain

第9話 今週も、いつものように大岩一課長が事件発生の電話を受けてはじまりましたが、なんと!持っている携帯電話の数にビックリしました。電話が鳴りはじめたと思ったらなかなかとれない…「あれ?どの電話が鳴ってるのか悩んでる!」よくみると3つも持っていました。やっぱり捜査一課長だから忙しいし、プライベート用とか、色々つかいわけているんですね。

その次にビックリしたのが、刑部公平の20歳のときの彼女の話です。38歳年上だったって言ってましたよね。ということは20歳のときに58歳の彼女がいた。流石…ですね。〝キラキラ女子〟っていう女子のこともよく知っていましたし、女性のことを〝流行り〟や〝女心〟までよくわかっているからモテルんでしょうか?

最後のシーンでの犯人に対してのセリフも感動するぐらい女性のことをみごとに語ってくれました。犯人の男性が「どうせ、煙たがられて消えてく人生なんだから、罪ぐらいかぶってくれたらよかったのに」と言うと、それに対して刑部公平は、「ふざけるなよ!毎日を一生懸命生きてるだけで、女性は美しいんだ」「そんなこともわからないあんたに、女性のことを語る資格なんかないよ」と言いました。

それを聞いた〝昔、キラキラ女子だった〟中田喜子は「最後にあなたみたいな方に会えてよかったです」と言い、感動して泣いていました。その中田喜子に「これ、綺麗なんで使って下さい 」と刑部公平がハンカチをサッと差し出しました。もう、文句のつけどころがないぐらいカンペキですね。

刑部公平のお嫁さんは誰なのかが気になるところ

f:id:momotaeimi:20170515143108j:plain

その今週の犯人ですけど、はじめはキラキラ女子の偽ブログをアップしていた村瀬香織(中田喜子)か、警備員のガダルカナル・タカのどちらかかな?と思っていましたけど、以外な人でした。中田喜子は殺害されていた女性が手に持っていた〝梅こんぶ〟を手作りしていて最初から怪しかったですし、ガダルカナル・タカは中田喜子と昔いっしょに写っていた写真を大福にみせたときに怪しい!って思いました。

その写真のなかで、中田喜子が身につけていたスカーフが今回の殺害の凶器と同じだったから、ガダルカナル・タカが実は犯人で、スカーフを盗んでつかって中田喜子を犯人にでっちあげてるんじゃないの?って思ってしまいました。でも、真犯人は中田喜子にパソコンの使い方を教えてあげていた増澤ノゾムだったんですね。会社のお金を横領していて、しかももう1つ殺人事件をおこしていたとは…。

それから今週の捜査一課長ならではの〝東京の知って得する東京最新情報〟ですが、《東村山の黒焼きそば》だったのではないでしょうか?大福が「東村山の名物、黒焼きそば!ご当地グルメだから!」と言って紹介していました。その東村山が今回の事件に関わっていた人達の勤務先になっていて、会社名が東村山ワールドって、まさに東村山ワールドな今週でした。その関連会社が〝すがもグローバル〟っていう社名だったのもなかなかおもしろかったですね。

来週はいよいよ最終回ですね。大岩一課長がどうなるのか?も気になりますが、今週の最後のシーンで、刑部公平は大岩一課長の自宅に招かれて、カレーをごちそうになりながら「今度は我が家にもぜひいらして下さい」と結婚の話もしていました。やっぱり刑部公平のお嫁さんは誰なのかが気になるところです。⇒警視庁捜査一課長 season2の動画はここでみています

警視庁捜査一課長 season2 見逃し動画ここで観ています

↓

警視庁捜査一課長 season2ロゴ