テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

貴族探偵 11話(最終回) 見逃し動画をみた感想です(ネタバレ)

「貴族探偵」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド

第11話は第10話とセットの最終話

f:id:momotaeimi:20170501152239p:plain

月9ドラマ貴族探偵 第11話は第10話とセットの最終話でした。第10話の最後で2人の人物が殺されました。具同弘基(桐山漣)と有岡葉子(南沢奈央)です。弘基は、具同家という大金持ちの本家の長男、つまり、跡取りです。有岡葉子は、簡単に言えば、恋人を弘基に殺されたのではないかと疑っていた女性です。

実は、第10話・11話の舞台は星見荘で開かれた具同真希(矢作穂香)の誕生パーティーなのです。星見荘と言ってもチンケなアパートではありません。神奈川県の湖畔の邸宅という設定です。実際には、「EGUCHI河口湖ハウス」という場所らしく山梨県の河口湖畔にあります。怪物くんのロケでも使われたようですね。

星見荘では、「スピカの宴」が開かれるのです。スピカは乙女座でいちばん明るい星。「スピカの宴」が真希の誕生日パーティーです。自分の誕生日パーティーに「スピカの宴」なんて名前を付けるのも痛い女ですが、20歳くらいの可愛い子です。来たのは有岡葉子以外は具同家の一族と探偵だけ。真希以外は湖で遊びたいだけでしょう。少なくとも1年前までは。

そう、1年前に事故が起こったのです。ここで死んだのが緒方修(小松勇司)という人物。彼は真希の兄・佳久(辰巳雄大)の友人でした。どうもジェットスキーに弘基と一緒に乗っていて転落死したようです。弘基が故意に緒方を殺したわけではありませんが、その場にいた国見奈和(佐藤めぐみ)と口裏を合わせ、緒方の死は単独事故で処理されました。

その恋人の有岡葉子は、緒方はそんな危ないことをするはずがないと考え、事故死に疑念を抱いているのです。そこで、同じ大学のゼミの後輩である弘基に頼んでスピカの宴にやってきたわけです。そして、弘基と有岡葉子が殺されたというわけです。ちなみに、佳久と真希も具同家ですが、彼らは分家のため、いろいろ軽んじられています。さて、結論は・・・。

相葉ちゃん以外はみな美男美女

f:id:momotaeimi:20170501174236j:plain

弘基は有岡葉子が殺しました。事故死なんだから殺すことはないだろうと思いますが、弘基が小切手を出し、好きなだけ書け、その代わり黙っていろと言ったのがきっかけ。しかし、これだとそこで終わりですよね。実は有岡葉子を唆していたのは真希だったのです。二十歳そこそこなのに怖い子です。

常々、分家は二流扱いされているのが我慢ならず、葉子を焚き付けて弘基を殺そうとしたわけです。ところが、ひょんなことから、真希も緒方の事故死の真相を知っていたことに気づきます。これも知っていただけです。隠蔽に加担していません。それなのに、葉子は真希にも襲い掛かり、逆に真希&佳久に殺されてしまったわけです。

さて、ここまでの真相に高徳愛香は辿り着きました。実は、第10話では高徳愛香じしんも警察に電話をしようとして殴られました。これも真希の仕業だったようです。しかし、相変わらず無茶苦茶な話ですよね。真希役の矢作穂香は身長155cm、有岡葉子役の南沢奈央は164cm。重い彫刻の台座とは言え、真希が葉子を一撃で殺せるものかなあ。

高徳愛香も一体どこ殴られたんだか、氷嚢を頭のあちこちに載せていました。ストーリーは相変わらずツッコミ所満載ですが、矢作穂香ちゃんは目がぱっちりしてて可愛いし、南沢奈央、佐藤めぐみは大人の女って感じ、そして、桐山漣がイケメンです。冴えない相葉ちゃん以外はみな美男美女なので絵的には良いですね。

真希はそういう訳で可愛い割に危ない女の子なのですが、矢作ちゃんは、そのあたりの鬱積した気持ちを好演していました。氷嚢を頭頂にちょこんと載せた武井咲ちゃんも可愛い。そうそう、高徳愛香の師匠・喜多見切子(井川遥)と貴族探偵の関係とか切子の「死の真相」とか「政宗是正」の正体も明かされていましたね。もし、興味あったらFODでどうぞ。「貴族探偵」見逃し動画はここで観ます⇒FOD(フジテレビオンデマンド)

「貴族探偵」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド