テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

ごめん、愛してる 3話 動画をみた感想です(ネタバレ)

律はどうするのでしょうか

f:id:momotaeimi:20170708201825p:plain

ごめん、愛してる 第3話 前回、律はサトルと自分との人生の違いに嫉妬や理不尽さを抱き葛藤していました。麗子からサトルのボディーガードを依頼されていましたが、律はどうするのでしょうか。律と凜華の距離が段々と近くなってきていて、これからどうなるのかこちらも見所の一つです。

凜華の父、恒夫に凜華と律が一緒に居るところを目撃されます。この時恒夫は律が持っている指輪が見覚えのあるものであった為、血の気がひいていて咄嗟に律と凜華を離します。恒夫にとっては相当恐ろしい光景だったのでしょう。これは律の存在に対してなのでしょうけど、何れにしても恒夫にはこれから何か良くない事が起こるかもしれないという懸念があったのでしょう。

律は麗子からの依頼をどうするか考えてました。 若菜が律に寄り添います。麗子はサトルが一番大切で、自分の存在など気づいてもないし、どうでもいいのだと思い知ったから。リベンジの思いもあるかもしれませんが、律は残り少ない自分の時間を麗子の側で過ごそうとサトルのボディーガードを決意するのでした。律は自分の想いは報われないと分かっていても少しでも自分を捨てた母親の事を知ろうとしているんでしょうかね。一緒に居れば居る程、サトルと自分の違いを思い知り辛いはずなのにそれでも側で日向家に尽くし気にかけています。

テーマソングがこの場面を盛り上げる

f:id:momotaeimi:20170711131506j:plain

凜華がサトルの部屋へ掃除に入るシーン。サトルは塔子と過ごした時間を時々ニヤケつつ凜華に話していました。サトルにとって塔子はとても大切な存在であることを凜華に告げ、塔子にプロポーズするから自分が考えたプロポーズの提案があって、その準備を手伝って欲しいと凜華にお願いします。凜華はなんと!引き受けちゃうんです。律に後で自虐的に「ドMなのかなー。」と、言っていましたが、律と同様で力になりたいって考えちゃうんでしょうね。結局、塔子へのプロポーズは(麗子が現れて阻止する)失敗に終わるんですが、落ちて失くしてしまった指輪を凜華は探し出す事までしてました。どこまでもサトルを気遣います。あー切ない!

麗子、塔子、サトル、凜華、律(律だけ離れた席)が食事をするシーン。麗子は塔子とサトルの仲を離そうと塔子に嫌味を言います。サトルが慌てて割って入るんですけど失敗。塔子が機転を利かせてお酒を注文する。そこへ加賀美がいきなり現れ、サトルと塔子のスキャンダルを装い、麗子の過去を暴露してしまいます。加賀美に責められ続けている麗子を見て、律は加賀美に殴りかかり身を呈して麗子を助けます。律は店を出て行き、塔子もサトルに本気になれないと告げ店を出ていきます。律はこの後、警察に拘留されてしまうんですが、面会に来た恒夫から手切れ金をやるから日向家や凜華に近づくな。と、クビ宣告されてしまうんです。報われない律。翌日、律は拘束がとけます。

ここまで見ていてあまりにも残酷な律の現実に思わず見ている私が泣いてました。身を呈して守ったけどお金出されてサヨナラって。心が崩壊します。私なら。律が望む事ひとつ位叶えたっていいじゃん。心からこう思いました。 若菜が帰って来ない律を探しに外へ飛び出すシーンがありましたが、魚くんがファインプレイ!! いやぁ~!ちゃんと律を想う人が1人でも居てよかった!余計泣けてきました。サトルも麗子に雇い直すよう説得してましたよね。よかったー!!(すいません。心の声がつい。)サトルは凜華に「塔子を諦めない。」と、強い意志を伝えてました。麗子にも初めて「塔子をきちんと分かって貰いたい。」と、反抗していました。

凜華は律を迎えに行って語らうシーン。律にまた日向家に来るように伝えます。この時律の顔には笑みがこぼれていました。凜華は律にサトルの付き人を辞めようと考えてる事を伝えます。律も自分に心を開く凜華に麗子への本音を言います。律の「捨て子は人の役に立たないと。生きてるだけでは駄目なんだ。」凜華の「そんな事考えて生きてきたの? 」「エライ、エライ!」には胸がいっぱいになりました。律が凜華に急に甘え出して涙を流すシーンには見ている私も、抑えていたものが溢れてきました。しかも律が涙を流しているナイスなタイミングで、宇多田ヒカルさんのナイスなテーマソングがこの場面を盛り上げるんです!!! これから、律と凜華のラブストーリーが始まって行きそうな予感でしたよね!次週予告はこの予感が当たってるかのようなシーンがありましたがどうなるのでしょうか。 目が離せません!