テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

過保護のカホコ 3話 動画をみた感想です(ネタバレ)

「過保護なカホコ」見逃し動画無料で観れます

↓
hulu

もうカホコの邪魔しないで

f:id:momotaeimi:20170722205029j:plain

カホコ(高畑充希)がついにキレました。母泉(黒木瞳)に「黙れ、黙れ、黙れ、うるさい、うるさい、うるさい!!もうカホコの邪魔しないで」と泉を拒絶して家を飛び出します。大事に大事にしてきた娘からの初めての拒絶、反抗、暴言・・・。ってか父、正高(時任三郎)、カホコ追いかけるとかしないの??泉を置いていけなかったんですかね?

2話でイト(久保田紗友)のお見舞いに行ったのに「水槽の中で育ってきた金魚みたいなお前に荒波の中でもがいてきた私の気持ちがわかるのか?こんなもの(千羽鶴)作って慰めてんじゃねーよ」と言われてしまいます。人間には表の顔と裏の顔があることを目の当たりにし傷付いたカホコ。

今までなら相談は泉にしていたけれど今回は親戚同士の問題。泉とイトの母・節(西尾まり)のことを思うと相談なんてできませんよね。そのカホコの優しさを大事にしてくれた初(竹内涼真)。厳しいことも言う初ですが、「お前は何も悪いことしてない。お母さんとのこともお前の優しさだ。泣け!自分を責めるな」と胸まで貸してくれます。

そこまで自分を受け止めてくれる人を好きにならないわけないですよね。カホコの夢にまで初が出てくるほど。でも泉は部屋にいなかったカホコがいないのを探しに行こうとしたらカホコを背負っている初と遭遇。さらにカホコは泣いた後まで・・・。夜遅くに娘を呼び出して惑わす男、カホコに初に関わらないように言います。

それでも初に会いたいカホコ。叔母の環(中島ひろ子)から自分の気持ちが恋だと指摘されてから親戚夫婦のなれ初めを聞いたり、両親のことを聞いたり情報取集をします。そして泉に花嫁修業だと嘘をついてお弁当を習うことを決意。初に渡すためのお弁当、初に好きなものを聞いたり嫌いなものを聞いたりします。

お弁当もいいけど大事なのは告白

f:id:momotaeimi:20170722205226j:plain

でも初から「お弁当もいいけど大事なのは告白」と言われます。見た目を、と言われカホコは正高に洋服を選ぶのを手伝ってほしいと頼みます。「カホコに似合う清楚なもの、ママには内緒で」と言うカホコ。正高は「もしかして(初)好きなの?」と。ママにばれたら大変だぞ、と思いながらも可愛いわが子の頼み。

お買いものに付きあいカホコの希望通りの洋服を買います。そして泉に隠れて部屋で試着。泉のことは気になりますが、成長し始めているカホコの恋を応援してあげたい正高は「どんな男もいちころ」と。「大好きだよ、パパ」ととびきりの笑顔で言われた正高。「お前は世界で一番可愛い」と過保護を自覚していてもそう思ってしまう正高(笑)親ばかですね(笑)でもそんなパパのキャラが最高です。

そんな2人の秘密は初が泉の実家にピザを配達に行ったことでバレてしまいます。泉に内緒でカホコが初に会っていたこと、洋服を買ったこと、お弁当も初の為だったこと、自分ではなく環に相談していたこと。「ママはカホコに裏切られた、それがショック」と。「ごめんね、ママ」とカホコ。

「だったらこんなこともうやめてね。一番関わっちゃいけないのはミュージシャンと俳優と画家の卵。夢ばっかり追いかけて女に貢がせるだけ貢がせて用済みになったらどっかに行ってしまう。そんな人に関わって人生棒に振ってもいいの?よくないよね?」とカホコに口出しさせずに結論を出す泉。

そんな2人をみた正高は父親として何か言わないと・・・カホコの気持ちを聞いてやれ、カホコも内緒にしてたことは謝罪してきちんと気持ちを伝えないと、と頭の中でこれなら言える、としっかりシュミレーションします(笑)でもそんな正高のシュミレーションもカホコの爆発でシュミレーションとして終わってしまいます。パパ残念。

泉とカホコの絆は一体どうなってしまうのか!?家庭崩壊の危機です!!次回も楽しみです。

「過保護なカホコ」見逃し動画無料で観れます

↓
hulu