テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

黒革の手帖 3話 動画をみた感想です(ネタバレ)

「黒革の手帖」見逃し動画ここで観ます

↓

黒革の手帖

なかなかの見ものでした

f:id:momotaeimi:20170721123609p:plain

「黒革の手帖」第3話です。前回の話で波子の愛人である楢林から裏金を巻き上げることに成功した元子でしたが、今回の話はどう進んでいくのか楽しみでした。怒った波子がカルネに乗り込んできて大暴れ。女と女の醜い(?)でも、元子のしたたかな戦い、見がいがありますね。逆上した波子がカルネの看板を拳でたたいて、悔しがっている様子がなかなかの見ものでした。

橋田常雄がカルネに訪れ、波子と元子のいざこざを目撃し心配していた。そして、元子に二人で旅行に行こうと持ちかけた。高嶋政伸が気持ち悪すぎます。カツラみたいですし。執拗な目が本当に気持ち悪いです。ある意味役柄と本人がマッチしています。一方、安島は次の選挙に出馬予定であったが、亡き大臣の妻が出馬の意向を決めたことを知った。

楢林の元愛人、中岡市子はエステサロンをオープンしようと元子と物件を周っていた。波子は、東林銀行の元次長、村井に会い元子のことを探っていた。安島が久々にカルネを訪れた。安島はもしかしたら元子のことを好きになり始めているようで、元子も安島には自分の生い立ちを少し話した。そして安島も政治家への熱い思いを語り始めた。そんなところへ村井がカルネにやってきた。いよいよ、修羅場でしょうか。

武井咲、だんだんいい演技

f:id:momotaeimi:20170721123715p:plain

元子が銀行を辞めた後のことをくどくどと話し、お金を貸して欲しいと言ってきた。元子が村井をいさめる話し方が力強く、目に力がありました。武井咲、だんだんいい演技し始めてきましたよ。まだ米倉涼子には届きませんが。

楢林が市子のマンションに戻ってきて、「裏帳簿を盗んだのはお前だろ」とちょっとした言い合いになった。元子は、村井と波子にナイフで刺される悪夢を見た。いくら気位が強い性格でも、さすがに二人に脅されれば心も病みますよね。東林銀行の元支店長が亡くなったと村井から連絡があった。そして、市子がマンションを訪れてきて、楢林から奪い取った1000万円を返しにきた。楢林からなじられ心が萎えてしまった様子で。

市子は元子に尋ねた。「今幸せか。銀座にお店を持てて幸せか」と。市子は「本当の幸せは、金や物じゃない。本当の女の幸せがわかっていないのよ」とかっこいいセリフを言い放ち出て行った。安島の政略結婚の見合い相手が、何と江口のりこで驚きました。他のドラマで主人公の姉役で結構恋キャラだったので、また違ったイメージで。

葬儀帰りの村井がオープン前のカルネを訪れわめきちらした。激情した村井は、ネクタイで元子の首を絞めようとしたところを、間一髪、安島に助けられた。元子は安島にどこかに連れて行って欲しいと頼んだ。ビルの屋上から夜景を見ながら安島は元子に尋ねた。「どんなにお金を持っても本当に幸せになれるのか?」と。市子と同じような質問ですね。元子は答えた。「お金に勝ちたい。お金を支配したい」と。映画のセリフらしいですが。二人の関係は微妙な感じですね。つかず離れずと。

銀座で一番のクラブ、ロダンが売りに出された情報を聞いた元子は、美容師の牧野にいくらするのか調べさせた。野心にさらに火が付いたようですよ。次の金づるターゲットは橋田常雅を選んで。

「黒革の手帖」見逃し動画ここで観ます

↓

黒革の手帖