テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

僕たちがやりました 4話 動画をみた感想です(ネタバレ)

「僕たちがやりました」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド

そこそこの人生から悲惨な運命

f:id:momotaeimi:20170704143434j:plain

『僕たちがやりました』4話視聴しました。前回爆弾で怪我をした市橋(新田真剣佑)と矢波高の不良たちから追われることになったり、警察につかまったパイセン(今野浩喜)の共犯だと思われ警察からも疑われたり、仲間だと思っていたマル(葉山奨之)に300万円を盗まれ逃げられたりとそこそこの人生から悲惨な運命となったトビオ(窪田正孝)。

4話では市橋たちにつかまりそうになりましたが隙をついてなんとか逃げたトビオ。必死で逃げたトビオに蓮子(永野芽郁)から連絡が来ます。爆弾事件は単独犯だって、お願いだから連絡して、と。仲間に裏切られるし、報復は受けそうになるし、と散々なトビオ。蓮子に会いたいと思い返信します。

でもそれは刑事の飯室(三浦翔平)の計画でした。蓮子を使ってトビオを捕まえようとしていました。「今から2人で会いたいと返信しろ」と飯室。蓮子に会いたい、会って何も心配ないって言おう、あの爆破の犯人は俺たちじゃない、って。トビオは蓮子に指定された場所に向かいます。

蓮子に声をかけようとしたトビオ。でもトビオが見たのは刑事と一緒にいる蓮子でした。どうして蓮子まで裏切るんだよ、とトビオはその場から逃げます。飯室は何かを察知したかのように周りを見渡しますが、既にトビオの姿は見えませんでした。飯室、なんでわかったんでしょうね。視線とかですかね?ちょっと怖いですね(笑)

俺たちの無実絶対証明すんぞ!

f:id:momotaeimi:20170704143835j:plain

トビオは自分たちが爆弾を仕掛けた時にいた矢波高の教師熊野(森田甘路)が犯人だと思い、証拠を掴もうと必死になります。一方、お金を持って逃げたマルは熱海に逃亡していました。足湯につかり万札で自分を扇ぎながら笑います。そしてクラブ祇園に入りびたります。「丸山さまからピンドンはいりましたー」と盛り上がる店内。

マルお気に入りのうららちゃん「マルくんまたピンドン入れてくれた?」と席につきます。また?またって言いましたね。マルどんだけ貢いでんだ!トビオのお金も合わせて600万くらい。そのお金を湯水のようにお金を使いまくります。まあ、4話のラストでまあ、そうなるよね、って感じになりますけど・・・でもそこからがやっぱり最低なマル発言が出ます。

必死で逃げたトビオは伊佐美(間宮祥太朗)と合流。そこで熊野がやっぱり犯人だと話します。「菜摘(水川あさみ)ちゃんもそういってたし。大体あんな遅い時間にどうして学校に?おかしいだろ」とトビオ。「確かに。でもあいつがどうやって?」と伊佐美。「俺たち見つかった時、パイセンの号令で逃げただろ?」

そのあとで俺たちを見つけた場所に戻って、爆弾を見つけて、プロパンガスの近くに爆弾を仕掛けなおして俺たちに罪を着せたんだ!とトビオ。「それだ、犯人はあのくそやろーだ」と伊佐美。「あのくそやろーだよ!それだよ」と興奮気味の2人。確かにどっかのテロリストがしかけた爆弾、ってパイセンの説よりは可能性ありそうですよね。

「おいトビオ!俺たちの無実絶対証明すんぞ!」「証明すんぞー!」とハイタッチで張り切る2人。熊野の犯行の証拠をつかむしかないと2人は熊野が留守の間に家に侵入します。そこでパソコンでとんでもないものを発見します。最初は大笑いしていた2人、でもあるものを見た瞬間にその笑いは一瞬にしてなくなります。そこで2人が見つけたものは・・・。気になる方は是非ご自身んでご視聴ください。

「僕たちがやりました」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド