テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

過保護のカホコ 7話 動画をみた感想です(ネタバレ)

「過保護なカホコ」見逃し動画無料で観れます

↓
hulu

本当にカホコのこと好きなの?

f:id:momotaeimi:20170722205029j:plain

『過保護のカホコ』7話視聴しました。「好きだよ、カホコ(高畑充希)」から一転まさかのお別れなんて!!初(竹内涼真)くん~。そしてどうなる初代の病気。隠しておくつもりがカホコに偶然きかれてしまった初代(三田佳子)。「家族には黙っていてほしい、死ぬならこの家で死にたい。ばあばのわがまま聞いてくれないかな」と泣きながらお願いされたカホコ・・・。

初代の病気は心筋症という病気でした。いつ死んでもおかしくない身体だ。移植か手術すれば助かる、でも年齢的に体力がないから・・・と。「じいじに伝えたら」と言うと「じいじに言うと大騒ぎになるから」と言われ「せめてママにだけでも」と言えば「負担になりたくないから」と言われます。みんなに隠して、今までのような生活をしたい。

そんな初代の願いを聞き入れたカホコ。初にだけは病気のことを伝えます。「ばあばがカホコが好きな人なら言ってもいい、って言ってくれたから」と自分で作ったお弁当を食べながら初と話します。「あ!もうこんな時間。初くん行こう」とカホコ。大学の講義とかかな~とか思ってたらまさかの初代の病院でした。

「ばあばが初くんに会いたいって」って家族に紹介とか緊張しますね。初の服装もいつも通りのラフな格好ですし。「こんな恰好で大丈夫か?」と緊張する初。「ばあばはそんなこと気にしないよ」とカホコ。泉(黒木瞳)を見ていたら同じように厳しいのかも、と思ってしまいますよね。そんなことを心配していると初代がエレベーターから降りてきます。

「この人ね、私たちが言えないことをカホコに言うのは」と初代。「カホコさんとお付き合いさせていただいている麦野初です」と自己紹介。この響きがホントに付き合ってるんだな~とキュンキュンします。並木家で改めて初代は「初さんは本当にカホコのこと好きなの?」と問いかけます。

ラスト衝撃の展開が待ってます

f:id:momotaeimi:20170722205226j:plain

となりのカホコを気にしながら「はい、好きです」とはっきり答える初。嬉しそうに微笑むカホコ。ほんわかカップル!「いろいろ大変よ、カホコと付き合うの。分かってるでしょうけど」「はい、でもそれ以上に面白いんで。こっちが予想してないこといろいろ起こるし」と初が言うと嬉しそうに「あら、私がじいじと付き合いだした時と同じ」

2人の会話を聞きながらカホコは「ばあば、他のお医者さんにセカンドオニオンしてもらったら」と言うと「セカンドオピニオンな」と速攻突っ込む初。この2人付きあっても変わらないこの関係が素敵ですね。「それはもうしてもらったの。でも診断結果はどこも一緒。今まで通りの生活をして死にたいの」

「だからカホコも普段通りの生活続けてくれない?それでなくても今ママから自立しようとしてるんでしょう?」「そうだけど」「カホコは自分が思っている以上に強くてたくましいのよ、その証拠に家族が集まるたびに具体が悪かったり悩みがある人がいるとすぐに気づいてたじゃないの。」

「そんなカホコを見て、誰よりも人を幸せにする力があるっていつも思ってた。初くんもそう思わない?」と聞くと初も力強くはいと答えます。するとじいじが詩吟を披露しながら帰ってきます。いつも通りのじいじ「お小遣いあげないとな」と言うとカホコは「そんなことしなくていいから、ばあばのこともっと大事にしてあげて」

「なんで怒るんだよ、カホコ」とうろたえるじいじ。あ、やっちゃったとなるカホコ。すかさず初が「あの、詩吟ならってらっしゃるんですか?」とじいじの興味をひいてくれます。ナイスフォローですね。「そうなんだよ、聞いてみるかたもつくん」「はじめです」とこちらでもツッコミが(笑)

「いい人ね、初くん」と初代は嬉しそう。でもそんないい雰囲気の初とカホコですが、ラスト衝撃の展開が待ってます。まさかのです!続きはご自身でご視聴ください。

「過保護なカホコ」見逃し動画無料で観れます

↓
hulu