テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

僕たちがやりました 10話(最終回) 動画をみた感想です(ネタバレ)

「僕たちがやりました」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド

最高でド派手な自首を計画

f:id:momotaeimi:20170704143434j:plain

『僕たちがやりました』10話視聴しました。トビオ(窪田正孝)伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)は最高でド派手な自首を計画。ライブ会場に乱入し、観客の前で「僕たちがやりました」と自首することに成功しました。でもそこに動物のマスクを被った謎の集団が現れ、4人は襲われて連れ去られてしまいます。

4人を襲ったのは西塚(板尾創路)、玲夢(山田裕貴)たち。4人はライブ会場での自首以外に爆破事件の真相を動画でアップしていました。そのことで激怒した輪島(古田新太)にパイセンを殺せと命じられたとに西塚。更に西塚は「小坂秀郎(パイセン)はこれから殺される。あなたたちはもう関係ない。10秒以内にここから消えてください」とトビオらに告げます。

玲夢がカウントを始めると速攻で逃げたのはマル。トビオやパイセンのことを見ることなく。やっぱり最悪でした。そして逃げた後向かったのは部室。隠してあったパイセンのお金を持って行く為です。そして次は伊佐美。一応伊佐美は「ごめん、トビオ。俺・・・そして父になる」と謝罪しつつ逃げていきます。

自首はしたけどパイセンおいて逃げてそれで今宵(川栄李奈)ちゃんが言ったキレイな人になれたんですかね?逃げなかったトビオが「俺からしたら逃げた2人の方が意味わかんない。今までの自分殺すためにきたんじゃないのかよ。今逃げたって何にもかわんないんだよ」と言ったのにあてはまるような・・・。

玲夢にナイフで傷つけられてもトビオは逃げませんでした。必死で玲夢に反撃します。それを見たパイセンも必死で反撃します。でも逃げれなかった2人。キレた玲夢がパイセンを殺そうとします。もうダメか、と思ったところでドスッとした音が。パイセンが玲夢をさしていました。「俺は楽しくいきたかっただけ」とパイセンは悲痛の叫びと共に何度も何度も玲夢をさします。

俺の逮捕まだですか?

f:id:momotaeimi:20170704143835j:plain

それを止めることも出来ずただ見ているしか出来なかったトビオ。そしてすべてが終わった時、飯室(三浦翔平)と菜摘(水川あさみ)が。でももう玲夢にいきはなく、パイセンは連行されました。トビオも動画やライブ会場での自首があったため警察に連れていかれました。でもそう思っていたのはトビオだけでした。

警察署で「君は軽傷で済んでよかったよ」という刑事に「俺の逮捕まだですか?」と尋ねるトビオ。「どうして君が逮捕されるの?」と思ってもみなかった答えが返ってきました。飯室が更に「小坂秀郎が殺人を犯した。君は被害者だ」と言います。「は?」とわけが分からないトビオ。

「輪島が手を回しなかったことにしたんだ。もちろんお前らのイタズラ動画もだ」と言われ確認すると削除されました、の文字。「錯乱状態の小坂秀郎という男に脅され、騙され無実の高校生3人が無理やり手伝わされたというストーリーだ」と飯室。テレビをつけるとそこには逮捕され連行されるパイセンの姿が。

キャスタ―が「小坂容疑者は誤認逮捕をきっかけに錯乱状態にあったとみられ、爆破事件は俺がやった、事件はもみ消されたと語っていましたが実際にはそれが思い込みだったと現在は認めていると・・・」と情報を伝えると「違うよ、違い。あれは俺たちがやったんだ」と笑うトビオ。

そんなトビオに飯室は「お前らが命がけので訴えた真実はいとも簡単に世間から黙殺されたんだ」一度は偽りの自由を手に入れた4人。でもやっぱり自首をしようと必死でたてた計画。それもすべてなかったことにされ望んでいた逮捕もしてもらえなかった。納得のいかないトビオはは学校の屋上で・・・。続きは是非ご自身でご視聴ください。

「僕たちがやりました」見逃し動画ここで観ます

↓

フジテレビオンデマンド