テレビドラマで打線組んだ

好きなテレビドラマの感想、考察などを語っていきます

愛してたって、秘密はある 最終話動画 後編をHuluで視聴した感想です(ネタバレ)

「愛してたって、秘密はある 最終話」見逃し動画無料で観れます

↓
hulu

俺にその身体譲ってくれない?

f:id:momotaeimi:20170925121706j:plain

『愛してたって、秘密はある。』の本当の完結編「僕は誰だ?」の後編を視聴しました。最終回で明らかになった黎(福士蒼汰)のもう1人の人格朔。黎とは正反対に父親を殺害したことを全く悪いと思っていない朔。爽 (川口春奈)との結婚が決まった黎に怒りを覚えた朔が黎の結婚を潰すために黎を脅迫していました。

朔の存在を知っている晶子(鈴木保奈美)にも黎を人質に協力させていました。前編では朔の視点で脅迫の経緯が語られます。庭を掘り返したり、遺骨と薔薇の花を送ったりなど・・・。最後には晶子が黎の罪を被って自首するようにも仕向けていました。全てを打ち明けたあと、朔は黎に「俺にその身体譲ってくれない?」と提案します。

「なんだかんだいって楽しくすごしてきただろ。いい大学入って、弁護士目指して、彼女まで作って。いいなー俺もしたい」と駄々っ子のように言う朔。困惑する黎に今度は冷たく「だってお前言ったじゃん。ごめん、君に一番つらい記憶を押し付けて・・・って。そう思うなら俺と交代してもいいんじゃね?」と朔。

この駄々っ子からのキャラの差が本当に恐怖です。狂気です。福士くん狂気な役増えそうな気がします。似合うもん。ってかもっとしてほしい!「塀の中だけど、それでもいいの?」と黎。「俺、長く刑務所にいる気ねえから。裁判なんてここ次第でどうとでもなる」と頭をさしながら笑います。

しかも黎は弁護士志望だったわけです。「それだけはお前に感謝してるよ。ちゃんと法律勉強しててくれて。あとは俺がやる」と具体的にいろいろと策を練り始めます。「俺は減刑を求める気はないよ」と黎は反論しますが、「だからお前じゃなくて俺」何度言わせるんだと苛立つ朔に黎は「爽と罪を償ったら結婚しようって約束したから」と。

今ならお前が爽ちゃん救えるよ

f:id:momotaeimi:20170925122235j:plain

納得しない黎に朔は「あの女を不幸にするのか。殺人犯の嫁になるんだぜ。人の気持ちは変わる。永遠の愛を誓って結婚した夫婦でも3組に1組が離婚している。ましてやお前は殺人犯で自由に会うこともゆびきりすらできねえじゃん。そんな男いつまでも愛するやつがいるかよ」と冷たく言い放つ朔。

「あの女は100パーお前と約束したことを後悔する。でもいいこちゃんだからそういう自分が赦せなくて、自分自身を責めて。とっくに愛はないのにお前にはホントのことが言えなくて、100の嘘を重ねて・・・」と高笑いして最悪の展開だねと続ける朔。「わかったこと言うなよ」と黎。反論したくても朔の言ってること、可能性0ってことではありませんもんね。

朔は高笑いを止め今度は優しく微笑み「今ならお前が爽ちゃん救えるよ」と言います。黎が苦しんでる顔を見てかかったな、とでも思ったんでしょうね。優しい微笑みの裏が怖いですね。「お前が消えればあの女だって諦めるしかねえだろ。最初は傷つくかもしんねえけど、傷って癒えるじゃん」

「優しいお母さんやお兄さんがいるから安心だし。で、新しい恋をする。いつも傍にいて守ってくれる男と。少なくても人殺しじゃねえ、人格も分裂しない男と。あ、虎太郎(白洲迅)でもいいじゃね。あいつ金持ってるしさ。みんなに祝福してもらって可愛い子供が産まれて。爽ちゃんは検事になって虎太郎は一流弁護士.仕事も家庭も超ハッピー」

「お前にはそんな人生与えてやれねえだろ」と黎に現実を突きつけます。「今あの女の優しさに甘えて一生縛るのと、あの女の為に解き放ってやんのと、どっちが本当の愛情なんだろうな」と朔。「ま、考えといて・・・」と手を振って消える朔。マジックミラーにいた朔は消え、自分自身がうつっていました。

朔が言ったことを真剣に考える黎。爽との思いでを振り返りながら。朔の高笑いがまた聞こえてきそうですけど。思惑通りに動いてるわー、って感じで。そして黎の出した結論とは・・・。続きは是非ご自身でご視聴ください。

「愛してたって、秘密はある 最終話」見逃し動画無料で観れます

↓
hulu